fc2ブログ

人生に必要な知恵はスナフキンの言葉で学んだ。



本日、野暮用にて外出。
コメントの返信やご訪問は深夜の予定です。




秋。
ムーミン谷の住人たちが冬眠に入る頃。

スナフキンは南へと旅立ちます。

そして、春。
ムーミン谷に帰って来ます。


z-sunafukin8275.jpg


「スナフキン来る」を春の季語とする俳人がいます(笑)。


スナフキン来る甘き香引き連れて/木田智美


なるほどね~。


そして、夏。


今頃、スナフキンは、ムーミン谷の祭(夏の季語)に参加しているだろう。


アコースティックギターを弾き、ハーモニカを吹きながら♬


そして祭が終われば、旅の仕度を始めます。


zportwoitwiutuijgkg.jpg



座右の銘。
「僕は自分の目で見たものしか信じない。
けど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ」



「誰かを崇拝したら、本当の自由は、得られないんだぜ」



「いつもやさしく愛想よくなんてやってられないよ。理由はかんたん。時間がないんだ」



「本当の勇気とは自分の弱い心に打ち勝つことだよ。包み隠さず本当のことを正々堂々と言える者こそ本当の勇気のある強い者なんだ」


「僕は世の中のこと全てを忘れて暮らせたらどんなにいいかと思ってるんだ」



「物の持ち過ぎで苦しむのは、自分だぞ」



「どこにもなかったら自分で作ったらどうだい」



人生に必要な知恵はスナフキンの言葉で学んだ。



3z29b6955b9646f93.jpg



「人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなぁ。その人にはその人なりの考えがあるからね」



「つまらん意地を張って、優しい仲間を失うことは、美しい宝石をなくすよりも悲しいことだよ」



「知り合いがたくさんいたって友達が一人もいないってことは有り得るんだよ」



「人の目なんか気にしないで、思うとおりに暮らしていればいいのさ」



「おだやかな人生なんてあるわけがない」



「人生で大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ」



fe457a62567f34469c6cfe9f56772b80.jpeg



スナフキン旅仕度は祭の後/小栗釣月

スナフキンおさびし山に夏の星/小栗釣月



あ~、洗濯したいよ~。

【今月は本のアタリが良いぞ】+ 3/20・本日・鬼才『伊藤計劃(いとうけいかく)』の命日。



毎日映画を観ています、なのでTVは見れませんと言うか、無い(笑)。

本も毎日読んでいますが、映画同様にアタリハズレが大きいのであります。

今月も映画は最悪、観る作品、観る作品、赤点揃い、金ばかりかけてさぁ~情けない。


しかし、奇跡的に今月の本は四冊とも面白いのですぅぅぅ、こんなの久しぶりぃぃぃ。


本は普通、三冊~五冊併読します。



え~、今月はこの四冊。


恩田陸著・『歩道橋シネマ』短編18話(SF・ホラー・ミステリなどetc)。


hodoukyousinema92187363.jpg


今、一番好きな女性作家はと聞かれたら迷わず、恩田陸と答えます。


残念なのはSF作品をあまり書かなくなったこと・・・。
しかし、この本で、あの半村良へのオマージュ的な超小品があってね、泣きそうになりました。
やはり、彼女はSF畑の作家なんだなぁ~て感動しましたよ~。

まだ中途です、11話まで読みましたぁぁぁ、今のトコロ85点。



花村萬月著・『錏娥哢奼』上下・伝奇SF(忍者モノ)。


agaruta03358299_1.jpg agaruta03358298_1.jpg


この人の本・・・前に読んだのは『ジャンゴ』だね。
随分前だなぁ、確実に十年は前(笑)。

まぁ、菊地秀行と山田風太郎を足した感じだけどもぅ~。
久しびりのエロス&ヴァイオレンスものであります。

上巻を読み終えたトコですが、70点前後かなぁ~。



内藤了著・『鬼の蔵』よろず建物因縁帳シリーズ1(既刊12)・ホラーSF?ミステリ。


oninokura93834763636.jpg


こちらの作家さんはお初。
面白いとの評判なので読む事に・・・。
シリーズ物で既に完結しているのも良いデスね。

え~、昨夜(3/19)、蒲団の中で読み終えました。
70点と言うトコロでしょうかね、次巻、『首洗い滝』も読みますヨ。



三浦しをん著・『本屋さんで待ちあわせ』・エッセイ。


shiwon-miura-konoyoni.jpg


作者の書評は素晴しいなぁ。
所々に感じられる女性らしさもまた良いのです。

半分ほど読みましたぁぁぁ、現時点では75点。






本日、三月二十日は、日本SF界のレジェンド、伊藤計劃の命日であります。


itoukeikaku938383883.jpg


1974年10月14日~2009年3月20日

2007年に、『虐殺器官』で作家デビューの後、わずか2年ほどで、早逝(34歳)した天才作家。

この天才を惜しむ声は、プロ作家やSFファンから、あまりにも多い。

あの、宮部みゆきに、「三回生まれ変わってもこんな作品は書けない」と、言わしめた伊藤計劃、どんだけ凄いのかワカリマスネ。


Genocidal Organhyouronn


代表作はこの長編の三作品。


『Genocidal Organ/虐殺器官・2007年』


Genocidal Organ949858


第7回小松左京賞の最終候補。
「ゼロ年代SFベスト」国内篇第1位。
「SFが読みたい! 2008年版」1位。
「月刊プレイボーイミステリー大賞」1位。
第28回日本SF大賞最終候補。


『harmony/ハーモニー・ 2008年』


61YPiB8fy1L500.jpg


第40回星雲賞日本長編部門。
第30回日本SF大賞。
フィリップ・K・ディック賞特別賞←これは超凄い事。


『The Empire of Corpses/屍者の帝国・2012年』


71Dsk26YhQL.jpg


円城塔(芥川賞作家)との共著、円城塔が引き継いだ。
第31回日本SF大賞・特別賞、第44回星雲賞日本長編部門。

長編の三作品である『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』は、既にアニメ映画化済み。

『虐殺器官』については、パク・チャヌク監督による実写映画化(2016年に発表)が予定されていたのが、・・・いつになるんのだ、待ちくたびれぞぅぅぅぅ。


伊藤計劃は鬼籍の人ではありますが、作品は世界を駆け抜け、さらなるレジェンドとなり、日本SFを世界に知らしめる金字塔になるのでございます。


伊藤計劃万歳、SFに栄光あれ。

10/24・『北杜夫』+【八千草薫】の命日 + ≪ちょこっとライヴの報告≫。


本日、十月二十四日は、作家、北杜夫の命日です。
また、エッセイスト、精神科医、医学博士でもありました。

お若い人はご存じないでしょうね~。
実はSFも書いているんですよ。

星新一のエッセイがきっかけで、北杜夫を読み始めました。

他、お友達の、遠藤周作、吉行淳之介、安岡章太郎、読んだなぁ。

kitamorio160721-o.jpg

1927年5月1日~2011年10月24日

父親は、歌人の斎藤茂吉。

熱狂的阪神ファンとしても有名。

「マンボウ・マブゼ共和国」もかなり笑える。

『夜と霧の隅で』にて、1960年、第43回芥川賞を受賞。

yorutokirinosumide-manboh.jpg


壮年期に発生した躁うつ病により破天荒な人生を・・・詳細はエッセイで。


『楡家の人びと』は、傑作です。

kitamorio160721-b.jpg

また、エッセイ、『どくとるマンボウ』シリーズはヨク読みました。

kitamorio160721-bb.jpg

是非、ご一読下さい。







そして、八千草薫も本日だったんですね~。

八十八歳の大往生でありました。

yachigusakaoru-001.jpg

たくさんの映画やTVドラマに出演されましたネ。


私の最初の記憶は・・・どっちが先かなぁ(笑)。

『前略おふくろ様』or『俺たちの旅』。

ofukurosama-yachigusa0001.jpg

oretatinotabi-yachugusa002.jpg


あ、『岸辺のアルバム』ありましたね。

20191020225638.jpg

そうそう、『ちょっとマイウェイ』も・・(笑)。
句会に行ってましたよね。

sddefault.jpg

EH9C6x0UYAAvAZ0.jpg

ドンドン出て来てキリが無いなぁ(笑)。
素敵な女優さんでした。






昨日のライヴは一年の締め括りに相応しい素晴らしいモノでした。


悪天候の中ご来場のお客様、演奏会場のオーナー様、そして相棒のSさん、誠に、誠に、ありがとうございました。


gakuya-22-10-23-2.jpg

SpecialThanks♪

M先輩、STさん、SKちゃん、Mちゃん・・・Tacky。


gakuya-22-10-23-1.jpg

森博嗣の新刊を読む、『リアルの私はどこにいる?』

貧乏な私は新刊の購入は月に一冊と決めている。


五月に購入した一冊。


大好きな森博嗣(講談社タイガ)のWWシリーズの最新刊。


『リアルの私はどこにいる? Where am I on the real side?』


Where am I on the real side


なぜ、今まで読んでなかったかと言うと、ちょっとした調べ物で忙しかったんですよね(笑)。


二時間もあれば完読できるんですが・・・ま、楽しみはとっておくコトも大事ですからね。


個人的に、この一連の作品群を、私は、マガタシキ・サーガと勝手に呼んでいます(笑)。


え~、森博嗣の小説群に興味の無い方は、遠慮なくスルーして下さいネ。


では、ココで、マガタシキ・サーガの系譜をご紹介しましょう。


*発売順ではなく時系列ですのでご注意ください+スピンオフと短編は除外しています*


以下、時系列で、タイトル・主な登場人物・年代です。


*1965年4月・真賀田四季(マガタ・シキ)誕生*

「四季シリーズ/全04巻の春」・真賀田四季/1968~1978。

「Vシリーズ/全10巻」・瀬在丸紅子(犀川創平の母)/1970~1974年。

「四季シリーズ/全04巻の夏」・真賀田四季/1978~1997年。

「S&Mシリーズ/全10巻」・犀川創平(准教授)と西之園萌絵(学生・父は犀川の師)/1994~1997年。

「四季シリーズ/全04巻の秋」・真賀田四季/1998~2001年。

「Xシリーズ/全06巻」・椙田泰男(保呂草純平)/2001~2002年。

「Gシリーズ/既刊11巻+ωの悲劇刊行予定」・多数(笑)/2001~2063年+?。

「四季シリーズ/全04巻の冬」~真賀田四季/2001年~。

「百年シリーズ/全03巻」・ミチル(真賀田四季の子供のクローン?)/2113~2115年+?

「Wシリーズ/全10巻」・ハギリとウグイ/22世紀後半頃。

「WWシリーズ/既刊06巻まで」・グアトとロジ(実は、ハギリとウグイ)/22世紀後半頃~


あ、真賀田四季(マガタ・シキ)とは?

上記のすべての作品に登場し、あるいは存在し?見え隠れする最重要人物であります。


この継続する複合的な世界観は類を見ない。


良くこんなことを創作できるなぁと思う反面・・・ある意味、未来の予見でもあるから凄いデス。


200年後、世界は森博嗣と士郎正宗(攻殻機動隊)と弐瓶勉(シドニアの騎士)の世界が現実となり、人間は死ななくなるんじゃないだろうか?


人類が死を克服したその時、果たして・・・宗教はどのように変節するのだろうか。


森博嗣の作品はメチャクチャ面白いのに、
なぜ?映画化されないんだろうなぁ~まったくワカラン、謎だっ。

あ、押井守が監督した劇場版アニメ、The Sky Crawlers/スカイ・クロラは例外ね。

sky-craw9082309232398.jpg


え~と、一番有名なのは、【すべてがFになる】の、S&Mシリーズですかね。

nmorihitosi-f.jpg


S&Mシリーズは、TVドラマ化、そして、アニメにもなりましたネ。

the-perfect-insider01-d.jpg

the-perfect-insider01.jpg


【すべてがFになる】を読んでハマレバ、あとは、素晴らしい体験が待っています。

現在、過去、未来、と繋がる、複雑な人間模様と重層的な物語に酔い痴れる事ができます。

それは、作品が一連のサーガとなっているからです。


特に、四季シリーズは舞台の裏側?を見せる、秀逸作です。

shiki-haru.jpg shiki-natu.jpg shiki-aki.jpg shiki-fuyu.jpg

すべてのシリーズに短編までもが絡まり、発見、驚きを繰返すんですヨ。

森博嗣、最高だぁぁぁぁぁ♪

新年、五冊完読、【十二国記】の新刊四冊+『ψ(プサイ)の悲劇』

小野不由美著、【十二国記シリーズ】のファン待望の新刊が、
一昨年(2020年)の十月と十一月に全四巻にて創刊されました。

『白銀の墟 玄の月』

注1泰麒(たいき)の物語の続刊は十八年ぶりなのでありますぅぅぅ。

正直、マジ、死ぬほど待ったわっ。
出る出るオバケになんども騙されてサ(笑)。

12cs1234567890-1.jpg

12cs1234567890-2.jpg

12-hakugin9812373126326-33.jpg

12-hakugin9812373126326-4.jpg

読んでない人ココをクリック→『小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト|新潮社』


そんな待ちに待った作品を何故今頃読んだのかと言うと、ネ。
十八年ぶりだからさ、イロイロ思い出すのに大変だったのよね。

まずは、時系列のオサライ。

『東の海神 西の滄海』約500年前
『漂舶』約400年前
『図南の翼』約90年前
『華胥』
『風の海 迷宮の岸』約5年前
『冬栄』

『月の影 影の海』*基準年*
『丕緒の鳥』
『書簡』

『風の万里 黎明の空』
『乗月』
『帰山』
『落照の獄』

『魔性の子』*風の海 迷宮の岸*『黄昏の岸 曉の天』

『白銀の墟 玄の月』

さらに、泰麒のオサライの後にやっと読み始めたんですよネ。
はい、全四巻、大変満足しております。
が、この続きも早く頼みますヨ、小野先生。

十八年後は生きていませんゼ(笑)。


さ・ら・に・もう、一冊。

森博嗣著、『Gシリーズ』の最後の三部作の二番目。

≪ψ(プサイ)の悲劇≫

Ψ9784065227565

まいったよ、さすが、森博嗣だ。
でもね、今回はちょっと先が読めたんだよね。
ふっ、何冊森博嗣の本をよんだと思ってるんだ。
がはははは←誰に言ってる(笑)?

森博嗣の作品はメチャクチャ面白いのに、
なぜ?映画化されないんだろうなぁ~まったくワカラン、謎だっ。

あ、押井守が監督した劇場版アニメ、
The Sky Crawlers/スカイ・クロラは例外ね。

sky-craw9082309232398.jpg


≪ψ(プサイ)の悲劇≫での、真賀田四季は、百歳ぐらいだろうか(笑)。

あ、真賀田四季とは?
本篇『Gシリーズ』や、『S&Mシリーズ』&『Vシリーズ』&≪四季シリーズ≫&『Xシリーズ』&「百年シリーズ」&「Wシリーズ」&「WWシリーズ」など、あらゆる作品に登場し、あるいは存在し?見え隠れする最重要人物であります。

え~、有名なのは、【すべてがFになる】の、S&Mシリーズですかね。

nmorihitosi-f.jpg

S&Mシリーズは、TVドラマ化、そして、アニメにもなりました。

the-perfect-insider01-d.jpg

the-perfect-insider01.jpg


【すべてがFになる】を読んでハマレバ、あとは、素晴らしい体験が待っています。

現在、過去、未来、と繋がる、複雑な人間模様と重層的な物語に酔い痴れる事ができます。

それは、作品が一連のサーガとなっているからです。


特に、四季シリーズは舞台の裏側?を見せる、秀逸作です。

shiki-haru.jpg shiki-natu.jpg shiki-aki.jpg shiki-fuyu.jpg

すべてのシリーズに短編までもが絡まり、発見、驚きを繰返すんですヨ。

森博嗣、最高だぁぁぁぁぁ♪


注1~泰麒とは?
戴(たい)国の麒麟・泰麒(たいき)の事。
この物語には、十二の国が存在しており、各々の国の王は、天の意思を受けた麒麟(神獣)に選ばれる。
王と麒麟は一心同体、その王の善政が続けば、王は不老不死のまま君臨し国を統治続けるが、政道を誤れば死に至り、新王の即位となるまで、王のいない国は荒廃し、死の国と化す。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
廓然無聖(かくねんむしょう)・我、神仏を尊びて、神仏を頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である・僕は自分の目で見たものしか信じない。


好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen・『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動詳細。
Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!現在活動中!!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)。


現在活動中!!オグリン(classical music:Solo)+弾き語り。


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・山下太郎・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・二瓶勉・攻殻機動隊・ULTRAMAN・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・中野京子・Jodie Foster。


自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

宮内庁を宮内省に戻せ。

宮内庁病院に精神科を開設せよ。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ