ドラマ『黒井戸殺し』・・・三谷幸喜やや復活?

久しぶりに見たTVドラマ、面白かったヨ。

『黒井戸殺し』

top_mainvisual2-730x410.png

黒井戸殺し相関図

HDに録画してまだ見ていない方、是非、ご覧下さい。
原作を読んでいても、読んでいなくても、楽しめますヨ。

実は、2015年10月に公開された、三谷幸喜監督・脚本の、
『ギャラクシー街道』のあまりの酷さに、三谷アレルギーだったのデスが、

gxyrood383838.jpg

今回のTVドラマ『黒井戸殺し』は、なかなかの仕上がりで納得だった。

原作の『アクロイド殺し』を、ココまで日本風にアレンジする器量はやはり只者ではないWA。

akrid-kill.jpg

自業自得でアゲマンの小林聡美を失った現在、
まぁ、脚本だけ、に、しておけ、CHU~事デスかね。

『タカダワタル的/私の青空~My Blue Heaven~』

昨夜は久しぶりに高田渡の歌を聴いた。

良かった、独特の唄い回し、味がアルと言えば良いのか。

高田渡のオリジナルの名曲がタクサンわるわけだが、
ある一曲を聴くと超ノスタルジーに襲われるのである・・・。

それが、私の青空~My Blue Heaven~なのである。

addb22ed75f5e37fd473c66cd5aacffc-640x360.jpg

高田渡以外でも、大勢の人がカバーしているのだが、
高田渡の唄じゃないと、トリップできない・・・不思議である。

今は息子さんが歌っている・・・スタンダートとはそういうモノなのだろう。

で、いつの時代にトリップするかと言うと、娘達と過ごした最後の夏だっ。

今のように、単なる親子ではなく、まだ、娘達と家族であった頃の、あの夏だ。

4LDKの我が家からワゴン車に乗って郊外へザリガニ釣りに行ったあの日、あの夏。

暑い日だった、青空がどこまでも広がっていた、小川は清らかだった、娘達は笑っていた。

夕方には、ザリガニがバケツにいっぱいになった、あのザリガニはどうしたんだっけなぁ~。

二十年も前の話である・・・娘達との時間もソコで止まっているのかも知れない。

折々に、二人の娘とは会い、昨年は孫も抱いたのだが、
夢に出てくる娘達は、いつまでも、小学六年生と三年生のままなのだ・・・。


<私の青空 My Blue Heaven (1927)>

作詞:George Whiting、作曲:Walter Donaldson
日本語詞:堀内敬三

夕暮れに仰ぎ見る 輝く青空
日暮れて辿(たど)るは わが家の細道

せまいながらも 楽しい我家
愛の灯影(ほかげ)の さすところ
恋しい家こそ 私の青空

高田渡youtube→『私の青空~My Blue Heaven~』

ブルーハーツが苦手だ・・・『ブルーハーツが聴こえる』

私にとって、
読書・映画・演劇・音楽鑑賞は、
日常と非日常の狭間に存在するモノだ。

非日常を求めての延長線上にある、
句会とLIVE活動は、一種の現実逃避に近い。

日常をキチンと見つめる力がないと、
確実な逃避は出来んCHU~事も承知なのだが・・・。

で、ブルーハーツは、若くてストレートだ、ソレが痛い。

bh-30-847463655353.jpg

逃げられない、重い、キツイ、だから苦手・・・。
一瞬で現実に引き戻される、正直が心を抉る。

で、
オムニバスの映画、『ブルーハーツが聴こえる』を観た。

bh-30-8437837899.png

ブルーハーツの曲に対する思い入れがない分、
かなり客観的に観れたんじゃないかなぁと、思う。

でで、
今、喉に魚の小骨がアル感じ・・・。
なかなか取れそうにもないが、でも、
いや、言葉にしない方が良いのだろう。

『ブルーハーツが聴こえる』

ちなみに、あの、北野たけし氏が嫉妬する二人の人物。

一人は所ジョージ氏、で、もう一人が、元ブルーハーツの甲本ヒロト氏とか・・・。

今なら、なんとなくわかるような気がする・・・。

4/16・本日『高田渡/たかだわたる』の命日。

高田渡。

addb22ed75f5e37fd473c66cd5aacffc-640x360.jpg

1949年1月1日~2005年4月16日

1960年代を中心に活躍した、
ミュージシャン[フォーク?]
元祖?酒仙歌手、酔いどれ歌手。
日本の音楽界に与えた影響は限りなし。
JAPANフォークソングの源流であり、
近代フォークギター奏法のパイオニア。

父親の高田豊は、詩人・活動家・元共産党員。

息子の高田漣は、マルチ弦楽器奏者、現在は歌も・・・。

超皮肉SONG「自衛隊に入ろう」は有名。

個人的には、
「生活の柄」「コーヒーブルース」「自転車にのって 」「酒」「ブラザー軒」
などが好きですネ。

ドキュメント映画、

img_56b0dbac89db5c0904ca4fdaead15fc71345936.jpg

『タカダワタル的』&『タカダワタル的ゼロ』は必観。

主義主張は真逆でございますが、尊敬申し上げております。

4/14・本日・タイタニック号の日

映画。

タイタニック・・・。

あの、感動シ~ン。

?????

img30828319zik6zj.jpeg

あ、間違いましたっ。
これですね。

p_e020_02.jpg

あまりにも有名・・・で、観てないけど・・・。

02101721_titanic_movie-hd-1.jpg

観てないのに、本当にすいません。
ま、映画を観ればわかるよね・・・。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪
HEBOギタリストにして俳人:小栗釣月/おぐりちょうげつ(俳句愛好会[幹]主宰)。

TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。

新潟県M市在住。

血液型0・天秤座。

好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』

好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。

現在の音楽活動!

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!
歴史モノ(司馬遼太郎・塩野七生)・SF(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(椎名誠・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
SF・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Snoopy・ふなっしー・woodstock・IVY・ミニクーパー。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
リンク