黄水仙(きずいせん)が盛りですネ。

咲き疲れひれ伏しにけり黄水仙/松本たかし

山住みの便り短し黄水仙/山田禮子

kizuisen4723.jpg

いま、一番目に付くのが水仙。
それも、黄水仙が多いですね~。

春の季語です、キズイセンと読みます。

単に「水仙」ならば、冬の季語となります。

南ヨーロッパの原産で、江戸末期に渡来したらしい。

では、『黄水仙』

kizuisen873673.jpg

黄水仙朝が明るく来てをりし/橋本佐智

黄水仙一所に秘めし文の束/吉野のぶ子

あやとりの川のむかふに黄水仙/伊藤月江

咲き惜しみせよ海遠き黄水仙/井上信子

真ン中は黄水仙なり花時計/笹倉さえみ

黄水仙名もなき壷のよみがへる/長野珠江

kizuisen55244205.jpg

ニラとスイセンを間違えて食べる食中毒多発しているが・・・信じられない。

4月20日~七十二候・その15[葭始生/あしはじめてしょうず]

葦辺行く鴨の羽音の音のみに聞きつつもとな恋ひわたるかも/詠人知らず

蘆の芽や流れゆるやかなるところ/神谷さうび

asinome94090909.jpg

二十四節気の穀雨・初候、葭始生。

葭(葦)=「悪(あ)し」で縁起が悪い、
ゆえに、後に、ヨシ(良し)と呼ばれた。
植物分類学的にも「ヨシ」であります。

他、芦、蘆、とも書く。

水辺の葭(葦)が芽吹き始め、
山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。

日本神話に出てくる葦舟、
また、葭簀(よしず)といわれる簾(すだれ)や屋根などに形を変え、
古くから、我々日本人の生活になくてはならない大切なモノでありました。

青々と茂っている葭(葦)は、夏の季語、春は、葦の芽。

b2db7437.jpg

葦の芽のあはひを白き羽毛かな/小澤克己

地平線とり巻く葦の芽吹きかな/三関浩舟

舟みちは蜘蛛手に葦の芽ぐむなり/益本三知子

蘆の芽の育ちて雁の声とどく/岡田真澄

葦の芽にひらがなの波通り過ぐ/村上幸子

asi8faa2e01.jpg

2018/04/20・本日【穀雨/こくう】

二十四節気・その5・穀雨。

auto_nxSi8C.jpg

春季の最後の節気、穀雨とは、
春の雨が多くの穀物(百穀)を潤すことから名づけられ、
その雨で栄養を蓄えた穀物の種まきをする最良の時期デス。

では、『穀雨』

淺瀬より洲の立ちあがる穀雨かな/中原道夫

苗床にうす日さしつつ 穀雨かな/西山泊雲

雲すぐに明るくなりし穀雨かな/岬雪夫

田をめぐる水路の競ふ穀雨かな/吉村さよ子

つれあひは俄百姓穀雨かな/浅野吉弘

新しい木の杭匂う穀雨かな/種田果歩

kokuu37326262.jpg

春菊の胡麻和え旨し・・・。

春菊の香の溺れゐる厨水/荻野千枝

春菊、名前の通り、春の菊。
春の季語であります、関西では菊菜(きくな)とも・・・。

shungiku0484747.jpg

スキヤキの添え物じゃありませんヨ。

sukiyaki4747474747.jpg

やはり、胡麻和えが一番ですかネ~。

seigetu-goma84848747.jpg

春菊の和もの母の忌の膳に/片山喜久子

当然、花も咲きます、可愛くて綺麗♪

shungiku04847hana.jpg

春菊の茹であがりたるひと握り/丸山海道

春菊が咲いてこの頃眠たかり/蘭定かず子

春菊のかをり溢るる夕仕度/稲岡みち子

春菊の香りほぐるる朝の粥/田畑耕之介

okayushungiku47464.jpg

4/20・本日・【百閒忌/ひゃっけん】、木蓮忌。

土手の松に月大いなる猫の恋  

河童忌の庭石暗き雨夜かな

茶の花を渡る真昼の地震かな

古井戸の底の光や星月夜

漱石忌戻れば屋根の暗さ哉

本日、4月20日は、内田百閒/うちだひゃっけんの忌日です。

utidahyaken.jpg

1889年(明治22年)5月29日~1971年(昭和46年)4月20日

木蓮忌の由来は、
『木蓮や塀の外吹く俄風(にわかかぜ)』の句にちなみます。

夏目漱石の門弟とりなり、芥川龍之介と親交を深めた。

関東大震災後、随筆集『百鬼園随筆』がベストセラーとなる。


百閒句を幾つか。

薫風や本を売りたる銭(ぜに)のかさ

物干しの猿股遠し雲の峰

竜天に昇りしあとの田螺かな   

衣更へて傘干す土手を歩みけり

古井戸の底の光や星月夜

袋戸棚に砂糖のにほふ日永哉

犬聲の人語に似たる暑さ哉

欠伸して鳴る頬骨や秋の風

五臓六腑繪解きの色や秋の風

麗らかや長居の客の膝頭      

獨り居の夢に尾もあり初枕

さみだれの田も川もなく降り包み

砂濱を大浪の走る夜の長き

春立つや犀の鼻角根太りて        

大なまづ揚げて夜降りの雨となり

新堀の河童の床の魚骨哉

龜鳴くや夢は淋しき池のふち
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪
HEBOギタリストにして俳人:小栗釣月/おぐりちょうげつ(俳句愛好会[幹]主宰)。

TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。

新潟県M市在住。

血液型0・天秤座。

好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』

好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。

現在の音楽活動!

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!
歴史モノ(司馬遼太郎・塩野七生)・SF(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(椎名誠・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
SF・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Snoopy・ふなっしー・woodstock・IVY・ミニクーパー。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
リンク