旧暦五月二十二日・本日・『河合曾良/かわいそら』の忌日?です。

bashou-sora.jpg

剃捨てて黒髪山の故露もかへ

卯の花に兼房見ゆる白毛(しらが)かな

松島や鶴に身をかれほととぎす

象潟や料理何食う神祭

波越えぬ契ありてやみさごの巣 

行き行きてたふれ伏とも萩の原

かさねとは八重撫子の名成べし

よもすがら秋風 聞くや裏の山

なつかしや奈良の隣の一時雨

本日は、蕉門十哲の一人で、
『奥の細道』の奥州・北陸の旅に随伴した高弟、
河合曾良の命日・・・らしい。

kawaisora94444690.jpg

慶安2年(1649年) - 宝永7年5月22日(1710年6月18日)頃

元は下級武士で致仕して江戸に下り、
神道・和歌を学ぶ傍ら、松尾芭蕉の門弟になったらしい。

曾良は、
深川の芭蕉の庵の近くに仮住まいをしており、
毎日行ったり来たりした仲だったようである、
なにくれと、曾良は芭蕉の世話をしていた、末尾の「雪丸げ」参照。

『奥の細道』のマニュアル本?随伴書「曾良旅日記」は有名。
この、二つの書を比較する事により、旅の本質がより理解できる。

また、「曾良旅日記」と、『奥の細道』は、
八十ヶ所以上の食い違いがありとても面白いワケです。
ゆえに、『奥の細道』が紀行文ではなく、フィクションもマジエタ、
私小説などと言われている由縁です。

曾良は、後に幕府の巡見使随員となり諸国を廻り客死。

『奥の細道』以外の曾良の句も、少々ご紹介。

雪は来でから風きほう空凄し

大峰や吉野の奥を花の果て

膝折るやかしこまり鳴く鹿の声 

月見んと潮引きのぼる舟とめて

くまの路や分(わけ)つつ入れば夏の海

いづくにかたふれ臥とも萩の原

浦風や巴[ともえ]をくづすむら[群]鵆[ちどり]

むつかしき拍子も見えず里神樂

向[む]きの能[よ]き宿も月見る契かな

しら濱や何を木陰にほととぎす


芭蕉と、いかに親しかったかは以下の文でわかる。

曽良何某は、
此のあたり近く、仮に居をしめて[かまえて]、
朝な夕なに訪(と)ひつ訪(と)はる[行ったり来たり]。
我、食い物を営む時[食事をするとき]は柴折[しばをおって]くぶる[燃やす]助けとなり、
ちゃを煮る[茶を点てる]夜はきたりて氷をたたく[砕く]。
性隠閑[静かに暮らすこと]をこのむ人にて、交金を断つ[固く結ばれた友情のたとえ]。
ある夜、雪を訪(と)はれて、

きみ火をたけよき物見せむ雪まるげ/芭蕉

by(句文「雪丸げ」若人編)

芭蕉の死後は人変わりしたようにサエナイ、
一時は消息さえ途絶えるが、幕府の巡見使随員となり、
また歴史に登場する、この五年間になにがあったのだろう。

曽良が「風雅の道」に別れを告げるように、
巡見使随員となり北九州へ旅立ちの前に詠んだ、
以下の句が辞世の句とされている。

ことし我乞食やめても筑紫哉

2017/5/21・本日・【小満/しょうまん】

いわゆる、二十四節気の一つです。

田や畑の作物が順調に成長して安定(一定の大きさ)を迎えた状態、かな?
ゆえに、、ちょっと一安心(少しの、小さな、満足=小満)と言う説も・・・・。

麦がやや黄色に色付き始めるのもこのあたりデス。

20070518_257006.jpg

よい天気ですね~、お出かけ日和です。

小満や枯れるな恋と歌聞ゆ/大柳篤子

小満や焼きたてのパン胸に抱き/笠原優

小満や娘に母となる兆し/大日向幸江

小満の風の入りくる納屋の窓/白石正躬

小満や山青々と背比べ /小栗釣月

DE、今夜は良い月デスヨ、
新月の25日までほぼほぼ晴れマーク。
天気が続いて毎晩月を観れて嬉しいです。

5/20・本日・【荻原井泉水/おぎわら せいせんすい】の忌日。

『俳句は印象より出発して象徴に向かう傾きがある。俳句は象徴の詩である』

秋田言葉にすすめらるる梨の大きやか

筆採る我にひそと炭つぐ母かなし

空をあゆむ朗朗と月ひとり

月光ほろほろ風鈴に戯れ

落葉の、これでも路であることは橋があって

力一ぱいに泣く児と啼く鶏との朝

わらやふるゆきつもる
 
棹さして月のただ中

水おと梅開く

本日は、
自由律句俳人の、荻原井泉水/おぎわらせいせんすいの命日です。

seisensui34845598.jpg

1884年(明治17年)6月16日~1976年(昭和51年)5月20日

荻原家は祖父の代まで、越後国高田(現・新潟県上越市)に在住。

麻布中学の頃より俳句を作り始める。

新傾向俳句機関誌「層雲」を主宰。
河東碧梧桐もこれに加わるが後に、
井泉水の無季自由律俳句の提唱を異とし袂を別つ。

門人に、種田山頭火・野村朱鱗洞(しゅりんどう)、芹田鳳車(ほうしゃ)、尾崎放哉???。
山頭火は、正式に層雲に加わっり弟子?であったろうが、
放哉については師筋ではあったが、個人的な繋がり?であったような・・・。
三大自由律俳人[井泉水・山頭火・放哉]の、この三人が一同に会したことはない。

私見であるが自由律句は孤高の天才のみの作品であろう。

句集、評論・随筆、膨大。

【井泉水忌】

井泉水忌あを空の深きより/井上康明

緑ゆらめきて井泉水忌とこそ言わめ/伊沢元美


では、さらに、井泉水の句を。。。

火種愛しく我息かける

若葉わさわさ風におどる喜び

蝶、天の一方よりおりてきて舞う

美し骨壺牡丹化られている

昼の淋しさどてら着て顔を剃らせる

枯野に大きなひまわりの花、そこに停車する

尼さま合掌してさようならしてひぐらし

この水年暮るる海へ行く水の音かな

すべてを失うた手と手が生きて握られる

ただに水のうまさを云う最期なるか


どちら見ても山頭火が歩いた山の秋の雲

放哉を葬る
痩せきつた手を合わしている彼に手を合わす

碧梧桐告別式
君もわたしも立ちつづけて冬の木、影をひく

著書、『放哉という男』読みました。

追悼句、完成。

想い入れが空回りしてなかなかネ~。

丸一日推敲して十句から一つ絞りました。

よし、今日から暫くTULIPの曲にハマリます。

5/20・本日・『海野厚/うんのあつし』の忌日。

粽結ふ母も柱もむかしかな/宮下白泉

この句は間違いなく「背くらべ」の歌を意識して書かれている。
                           
jigazou01.jpg

1896年8月12日~1925年5月20日

渡辺水巴に師事、俳号は長頸子/ちょうけいし。

俳句機関誌『曲水』の同人。
雑誌『海国少年』の編集長。

北原白秋に認められ童謡詩人の道にすすむ。

俳句のみならず、短歌、詩、童謡の作詞、小説も書き、
子どものための雑誌の編集も手がける、多才であった。

肺結核のため、28才の若さで夭折。

俳人としてよりは、
童謡 「背くらべ」、「おもちゃのマーチ」など、
作詞家と言った方が、なぁ~るほどって人物ですね。

「背くらべ」  詞:海野厚/曲:中山晋平

1、
柱のきずは おととしの 五月五日の 背くらべ
ちまきたべたべ にいさんが はかってくれた 背のたけ
きのうくらべりゃ 何のこと やっと羽織の ひものたけ

2、
柱にもたれりゃ すぐ見える 遠いお山も 背くらべ
雲の上まで 顔だして てんでに背のび していても
雪の帽子を ぬいでさえ 一はやっぱり 富士の山


「おもちゃのマーチ」  詞:海野厚/曲:小田島樹人

1、
やっとこやっとこ  くり出した
おもちゃのマーチが  ラッタッタ
人形の兵隊勢揃い
お馬もわんわも  ラッタッタ

2、
やっとこやっとこ  ひとまわり
キューピもポッポも  ラッタッタ
フランス人形も  飛び出して
笛吹きゃ太鼓が  パンパラパン

俳句はみつからなかった。
残念。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪
HEBOギタリストにして俳人:小栗釣月/おぐりちょうげつ(俳句愛好会[幹]主宰)。

TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。

新潟県M市在住。

血液型0・天秤座。

好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・ミッドナイトラン・ブレードランナー・Contact・LesMisérable/1998・スモーク・LET THE RIGHT ONE IN
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』

好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。

現在の音楽活動!

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP/昭和歌謡:Duo)

オグリン(クラシック:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!
歴史モノ(司馬遼太郎・塩野七生)・SF(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀)・宗教モノ(親鸞・空海)エッセイ(椎名誠・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
SF・アニメ・宗教全般・映画・読書・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Snoopy・ふなっしー・woodstock・IVY・ミニクーパー。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク