FC2ブログ

反面教師として、日本共産党は存在意義あり。

主義主張は個人の自由であり、どうぞ、お好きになんだけど、さ。

ただ、あんまり世間に媚びるのもどうかね、共産党さん、一流?の、政治団体として可笑しくないか?

ま、旧社会党みたいに、自衛隊OKの節操無主義同様に、壊滅しないように、ね。

でもね、国会開会式に出席して、天皇陛下に拝礼すらできないようなら、出るんじゃね~ぞ。

じゃんじゃん。

旧暦12/24【蕪村忌/ぶそんき】

旧暦12月24日は、俳諧師であり画家の与謝蕪村の忌日です。

俳号は蕪村の他に「宰鳥」・「夜半亭(二世)」など、画号は「春星」・「謝寅(しゃいん)」など。

20081028_2336404.jpg

嬉しい事に、蕪村の句が今年も発見されました。

詳細はこちら→『 与謝蕪村の未確認の俳句212句を発見/天理大付属天理図書館』

で、蕪村の代表的な句・・・う~ん、名句が多すぎて絞れない。

でで、今回は、春の句を・・・幾つか・・・。

春の海 終日のたりのたり哉

菜の花や月は東に日は西に

ゆく春やおもたき琵琶の抱きごころ

やぶ入りの夢や小豆の煮えるうち

さしぬきを足でぬぐ夜や朧月

畑うつやうごかぬ雲もなくなりぬ

あ~、素晴しい、すべて映画のワンカットのようであります。

busonzou2.jpg

享保元年(1716年)~天明3年12月25日(1784年1月17日)

もぅ~、偉大すぎてどこから説明すれば良いのかわかりません[笑]

略歴はこんな感じです。[サントリー美術館/若冲と蕪村のモノ借用]
大坂の農家に生まれ、20歳頃に江戸へ出て俳諧を学びます。
27歳の時、俳諧の師匠の逝去を機に、北関東や東北地方をおよそ10年間遊歴します。
その後40歳頃から京都へうつり俳諧と絵画のふたつの分野で活躍しました。

松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨匠の一人であり、江戸俳諧中興の祖と言われています。

芭蕉~蕪村~子規と連なる、三大俳聖[オグリンの勝手な]と言っても過言ではアリマセン。

蕪村がいなければ、現在の俳句の隆盛はありえないでしょう。

また、俳画の創始者でもあり、それゆえに、俳句と絵の融合を行い、

00011917.jpg

写実的とも絵画的とも称される、俳風を作り上げます。

さらに、マンネリで俗物的な傾向にあった当時の俳諧を否定しながら、

『蕉風回帰』を唱え、絵画用語である『離俗論』を句に適用して、

いわゆる天明調の俳諧を確立させた一番の功績者であります。

後に正岡子規は、蕪村の俳諧革新に大きな影響受け、明治の俳句大改革を行います。

子規の著書に『俳人蕪村』(講談社文芸文庫)があります。

【蕪村忌】&「春星忌」

蕪村忌に呉春が画きし蕪かな/正岡子規

蕪村忌や画中酔歩の李太白/水原秋櫻子

蕪村忌の心游ぶや京丹後/青木月斗

蕪村忌やをんなのすこし着飾りて/黒田杏子

鷹の羽を拾ひ蕪村の忌と思ひ/萩原麦草

母の句に甘き選者や春星忌/安住敦

街騒を潮騒と聴き蕪村の忌/鍵和田釉子

最後に、蕪村の辞世の一つといわれている一句を・・・・。

「白梅に明くる夜ばかりとなりにけり」

konpukuji-m15.jpg

機会があれば蕪村の俳画についてもお話しましょう。

明日、クリスマスは満月・・・次女からの『Christmas Card』

今年は1977年以来、

38年振りとなる満月のクリスマスなんですね~。

完全な満月は、明日クリスマス当日、

日本時間の20時11分だそうです。

DE、次女からのクリスマスカードが届きました、

sathuki-cc2015 (1)

ありがとう、嬉しいなぁ~、泣けてきました、愛してます。

次女には、大好きな月の一字を与えました、

派手ではない優しい明かりになって欲しいと願いを込めて・・・、

世間の皆様のお陰様で、社会人五年目の娘は、無事に成長しています。

どうぞ、これからも、お守り下さいマセ。

2014/12/24/【Christmas Eve】.

Christmas/クリスマスは、 イエス・キリストの降誕祭?(誕生祭???)の意味。
いわゆる、一般的な・・・お誕生日?ってコトDE良いでしょう・・・でも、違うのね・・・難しい。
DEDE、 Eveは前夜CHU~コトでざっくり良いでしょう・・・、
ケーキ食べる日じゃないから念のため(笑)

そもそも、本当に・・・イエス・キリストが12月24日に生まれたかどうかは、
諸説あり・・・ちょっち、疑問が・・・・、なぁ~んてことは考えてはいけません。

いいんです、信じるものは救われますデス・・・・。

あのぅ~、イヴの考え方もCHO~大変で、
説明がややこしいんで、コレ、見てちょ~♪
あ、宗派によっても若干違いますよ~。

400px-Christmas-calendar-ja.png

わかんない人は、ググッテ下さいませ。

DEDEDE、やぱっり、【Christmas Eve】には♪雪が似合いますネ。
できれば、『White Christmas』がいいですよね~。

しかし残念ながら今年は暖冬・・・よく晴れた寒いイヴですWA。

で、聖夜と言えば、このクラシックギターの名曲♪
Lo Noi de la Mare/聖母の御子(スペイン・カタロニア民謡)

演奏はこちら→【聖母の御子by秋山公良】

ほろ酔ひの一歩に揺らぐ聖夜の灯/林翔

イヴの夜は耳やわらかき犬といる/佐藤和子

角砂糖二つ寄り添ひ聖夜待つ/宮脇白夜

星降ると綴り聖夜のエアメール/山田弘子

自由とは一人のイブと思いけり/小栗釣月

皆様の魂に安らぎアレ。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ