FC2ブログ

2016/3/21【俳句愛好会・幹】今月の句、落掌致しました。

先月の俳句愛好会[幹]の兼題は、
春の季語、『風光る』、他、春の自由題でした。

投稿いただいた会員の皆さんには、
各々へ、四月五日ごろまでにアドバイスなどを、
ケータイorパソコンに送付致します。

なお、次回の兼題は、
初夏の季語、『更衣/ころもがえ』です。

Tシャツの真白き波や更衣/小栗釣月

normal.jpg

普通は、この字→『衣替えor衣更え』を使いますが、俳句では、『更衣/ころもがえ』を使用します。

そもそも、中国の風習(旧暦四月一日・十月一日に夏服と冬服を着替える行事)を取り入れた、
平安時代の宮中行事が始まりと言われています。

宮中では、【更衣/こうい】と、呼んだらしいです。

旧暦の四月一日&十月一日に・・・、
やがて来る夏・冬に向かって衣服を、


更[あらため]、


調度や畳なども取り替えたようです。

庶民の間では、宮中と区別して更衣とは言わず衣替えと言うようになった、
との事ですが、諸説あり…。

この宮中の習慣が庶民に伝わって現在の生活習慣となります。

では、なぜ?一年に二回ある、『更衣』は、五月の、初夏の季語なのか?
それは、一年のうちの初めての更衣だからです。

なお、十月の更衣を【後の更衣/のちのころもがえ】などと呼びます。

新暦では、特に新潟ではまだ肌寒く、
本当の更衣は五月の連休明けあたりでしょうか?

初夏を向える明るく軽やかな感じを、
そして、気持ちがリフレッシュする感動を、
さらに、過去の夏の想い出、ときめきなどを詠んで見ましょう。

[重要・注意]
コロモガエ、
TO名詞で使う場合は『更衣』

コロモカエテ、
TO動詞で使う場合は『更衣へて・えて』と、します。

6df85863a367fb40a6ec6ce34f7b09c7.jpg

すがたみにうつる月日や更衣/横井也有

ものなくて軽き袂[たもと]や更衣/高浜虚子

更衣はたちの頃のワンピース/渡辺八枝子

結局は断捨離出来ぬ更衣/三川美代子

忘れ得ぬ人の記憶や更衣/河口仁志

更衣アウトレットの青きシャツ/久世孝雄

衣更へて卒寿の世界一新す/竹下陶子

更衣へて少女の手脚長かりし/柴田久子

はじめより身一つ衣更へにけり/柴田佐知子

a0130643_833343.jpg

で、せっかく?なので、夏服などの季語をいくつか御紹介します。
今は、使用していない言葉もありますが・・・・。

【夏 服】・【夏衣/なつごろも】・【袷/あわせ・裏地を付けて仕立てた着物・綿抜】・【セル・薄手のウール】・【単衣/ひとえ・裏地のない着物】・【羅/うすもの、薄物・薄く軽やかな着物の総称】・・・・・他、夏羽織・甚平・浴衣など。

昨日[3月20日]は、親友の墓参りにも行って来た。

ま、お墓の前にいないことはワカッテイル?んだけどさ。

16-3-20-l-mikio (10)

なんというか、ケジメみたいなものDE、毎年行きます。

16-3-20-l-mikio (8) 16-3-20-l-mikio (9) 

16-3-20-l-mikio (11)

思ったよりも早く、そっちに行くかもなぁ[笑]

2016/3/20・『大谷菊一郎・津軽三味線生演奏』・・・藤基様[藤基神社]は、太っ腹だっ。

昨日[3月20日]は、藤基様主催のLIVE、

16-3-20-l-mikio (6)

『大谷菊一郎・津軽三味線生演奏』へ行って来た・・・超満員御礼。

16-3-20-l-mikio (1)

演奏の感想は後程・・・・、

まずは、藤基様のお客への応対が、常々素晴しいTO言うことを、
声を大にして言いたいっ。

宮司の奥様が一人ひとり丁寧挨拶して笑顔で席にオクルのです。
さらに、缶ジュースを一人にひとつ、しかもフタが開けてありストロー付、
演奏後には、奥様お手製のケーキ&熱いお茶・・・お土産?の、雛アラレ、

16-3-20-l-mikio (5) 16-3-20-l-mikio (4)

で、今回のLIVEは、無料[演奏者にはそれなりのお礼をしているはずだが・・・・]、で、ある。
いたせり、つくせりで、愛想が良い、お客は全員、満足顔でしたWA。
う~ん、なかなかできませんヨ。

DEDE、三味線生演奏、スゲェ~良かったです。
迫力満点、LIVEの醍醐味を堪能しました。

また、ギターに近い楽器でもアリ、勉強になりましたっ。

秋田荷方節が変わっていて面白かった。

田原坂では唄もご披露・・・・。

津軽よされ節も良かったなぁ~。

で、圧巻はトリ・・・やはり、津軽じょんがら節(新節)、

16-3-20-l-mikio (3) 16-3-20-l-mikio (2)

ロックの早弾きに勝るとも劣らない。。。

以下、ギタリストへの解説、

撥(ばち)で行う、アルアイレ&アポヤンドがスゴイ、しかも早い。
さらに、前後、緩急、アップ・ダウンと技は多彩です。

ハンマリング・オンとプリング・オフとスラーの連続技が多く、とにかくメチャ早いのです。

最大の特徴は、倍音、いわゆる「ビーン」という音、この効果で揺らぎがおき、単音に深みを持たせていますネ。

調弦は三通り、

本調子(ほんちょうし)~ 例えば、一の糸C/二の糸はF/三の糸は高いhiCとなる。
一の糸に対して、二の糸を4度高・三の糸をオクターブ高。

二上り(にあがり)~例えば、C/G/hiC。
一の糸に対して、二の糸を5度高・三の糸をオクターブ高。

三下り(さんさがり)~例えば、C/F/B♭。
一の糸に対して、二の糸を4度高・三の糸を短7度高。

また、聞きたいデス。

~藤基神社~

住所:新潟県村上市三之町11-12
電話:0254-52-4781

徳川家十七士、村上藩の藩祖内藤信成侯などを祀っています。

859760350111271.jpg 16-3-20-l-mikio (7)
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ