FC2ブログ

<初心者の為のやさしいギターの初歩の初歩・2017Ⅱ>

新人君が来ました。

茶太郎パパの紹介です。

昨日[9月18日]面接?しましたぁ~。

なかなかの好青年DEありますヨ~。

レッスンは、20日から行いますぅ~。

演奏したいジャンルがネ、お初の曲ばかりで、
楽しみであります、今日、音を拾って間に合わせます。

9/19・本日・正岡子規の忌日【子規忌・糸瓜忌・獺祭忌】

鶏頭の十四五本もありぬべし

いくたびも雪の深さを尋ねけり

夏草やベースボールの人遠し

松山や秋より高き天主閣

春や昔十五万石の城下哉

うそのやうな十六日櫻咲きにけり

萩咲て家賃五円の家に住む

月一輪星無數(むすう)空緑なり

柿くふも今年ばかりと思ひけり


本日、9月19日は、正岡子規/まさおかしきの忌日です。

siki-hetima.jpg

1867年10月14日~1902年9月19日

「子規忌」「糸瓜忌/へちまき」、また雅号から「獺祭忌/だっさいき」とも・・・・。

近代俳句、短歌、などの短詩系の不滅の大改革者にして、評論家、

小説、随筆、詩、庶民の作文や日記などの、近代日本語ならびに文法を確立した、

日本文学界の不世出の偉人です。


子規がいなければ、現代の俳句、短歌、そして近代日本語はありえません。

私個人の意見として、お叱りを承知で言うならば、

芭蕉よりも俳聖と呼ぶにふさわしい人物と思っています。


東大予備門では夏目漱石(親友)・南方熊楠と同窓デス。

また、野球の普及に貢献したとの評価DE、2002年(平成14年)、野球殿堂入りを果たしている。


*墨汁一滴 
*病床六尺
*仰臥漫録 

上記、子規三部作は、是非、お読みいただきたい。
m(__)m

有名な俳句雑誌『ホトトギス』は、柳原極堂が松山で創刊しました。
雑誌名は、「子規」にちなんだもので、創刊時はひらがなで『ほとゝぎす』と言いました。


【子規忌】

いとなみて月夜ばかりの子規忌かな/飯田蛇笏

糸瓜忌の紅茶に消ゆる角砂糖/秋元不死男

句修行の三十路に入りぬ獺祭忌 /水原秋桜子

さび鮎をつつく宵得し子規忌かな/石田波郷

子規忌すみあと話しゐる萩の雨/松本たかし

鳳眼の子規が自画像獺祭忌/山口青邨

供へある柿の大きな子規忌かな/深見けん二

山々が近づいてくる子規忌かな/坪内稔典

糸瓜忌や月に結句を盗まれて/福原知子

月祀るごとくに子規をまつりけり/深川正一郎

子規忌なりいまは美顏に使ふ水/中原道夫


雨止まぬ空を見上げて子規忌かな/釣月
採れたての葡萄頬張る獺祭忌/釣月
糸瓜忌や古傷痛む我が身とは/釣月


では、子規の句を少々。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

風呂敷をほどけば柿のころげけり

島々に灯をともしけり春の海

紫の蒲團に坐る春日かな

若あゆの二手になりてのぼりけり

夏嵐机上の白紙飛び尽す

草茂みベースボールの道白し

赤とんぼ筑波に雲もなかりけり

白萩のしきりに露をこぼしけり

朝顔や紫しぼる朝の雨

薪をわるいもうと一人冬籠

山茶花を雀のこぼす日和かな

撫し子やものなつかしき昔ぶり

鄙の宿夕貌汁を食はされし

六月を奇麗な風の吹くことよ


子規、辞世の句
「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」
「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」
「をとゝひのへちまの水も取らざりき」

松山市子規の俳句・24,000→[季語別子規俳句集]

松山市立子規記念博物館→【松山市立子規記念博物館HP】

糸瓜

hetimac0078587_0391167.jpg


結核で夭折した子規。

享年36歳。

『脊椎カリエス』による激痛と、
咳、痰、喀血に、最後まで苦しんだ。

当時は、へちまの液が痰を切る妙薬と言われ、
子規の庭では、へちまを育て蔓を切ってへちま水を取った。

hetimamystery11_2.jpg

陰暦八月十五日、名月の晩に採った、
へちま水の効能が良いとの言い伝えが・・・。

子規の辞世の句は、すべてへちま。
『へちま三句』と、呼ばれる。

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな

痰一斗糸瓜の水も間に合わず

をとヽひのへちまの水も取らざりき

*子規が亡くなる前日に詠まれた辞世の三句・・・、
をとヽひ=一昨日(おととい)は、十五夜だったのです。

この三句をもって、
子規の命日は、『糸瓜忌』とも呼ばれる。

子規庵の糸瓜

机越しに庭を臨む

三千の俳句を閲(けみ)し柿二つ/正岡子規

kakikak刀根柿

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺/正岡子規(明治28年)

kakikakimg_55_02.jpg

子規の好物だった柿。

~くだものと余~
『書生時代に・・・、
二ケ月分の学費が手に入つて、
牛肉を食ひに行ったあとでは、
いつでも果物を買ふて来て食ふのが例であった。
大きな梨ならば六つか七つ、樽柿ならば七つか八つ、
蜜柑ならば十五か二十位食ふのが常習であった』
by正岡子規

以下、子規の柿の句を年代順に・・・。

柿くふや道灌山の婆が茶屋    明治29年
淋しげに柿くふは碁を知らざらん 明治31年
柿もくはで随文随答を草しけり   明治32年
柿くふも今年ばかりと思ひけり   明治34年

kakiYex9RsB9X84WLJ7_6266.jpeg

里ふりて柿の木もたぬ家もなし/松尾芭蕉

柿が好き丸ごとが好き子規が好き/小川千子

子規慕ふココアと柿と硯あり/飯塚ゑ子

健啖の子規が余せし柿を食ふ/神蔵器

子規没後百年の日の柿のいろ/夏秋明子

子規展を出で柿熟るる庭に居り/尾崎恭子

柿食へと天よりの声子規波郷/草間時彦

kakikak5161.jpg
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ