FC2ブログ

鷹渡る・・・実感のない季語。

大空を鷹の群舞に明け渡す/仁科聖鳥

鳥の季語はとても身近なのだが、この「鷹渡る」と言う秋の季語は、
どうもピンとこない・・・実感がまったくない、風景として見る機会がない。

takabasira56-oooll.jpg

私の地元では鷹は、いわゆる「留鳥」のイメージで渡る感覚がゼロなワケです。

ちなみに、「鷹」は、冬の季語となる。
雪山から餌を求めて里山周辺に現れる鷹は茶褐色で目立つからかしら?

で、オオタカなどの一部種類は越冬の為、短い距離を南下をするのらしい、
それを、「鷹渡る」と言う季語で表現しているのだが・・・渡る、で、正しいのか?

で、カナリ疑問があったので、調べてみたワケっす。

あれこれ調べると長野県白樺峠の鷹の渡りが有名らしい。

takabasira56-oook.jpg

そこでは、朝鮮半島・インドネシアやフィリピン近辺へ渡って行く鷹を見る事がます。

食料を求めて中部地方以北の鷹類が、
乗鞍高原近辺の上空から上昇気流に乗って白樺峠を越えて行きます。

この動画を見たのですがなかなかのスケールであります、
なんと一日で数千羽のタカが飛ぶ日もあるんだとかぁ~スゴイ。

そして圧巻は自然のダイナミズムと言える、鷹柱であります。

takabasira56-oooiuwyuweuyweuy.jpg

ほか、愛知県の伊良湖岬の鷹の渡りも有名です。

バードウォッチングの熟練者でも、
特定の場所と時間と幸運が無いと鷹の渡りは見れないそうです。

まぁ、一般人の日常生活では鷹渡りは見れないCHU~事デスね。

せいぜい、鳶ぐらいですWA、一度見てみたいなぁ~。

takabasira56-oooijeaiueraiuiu.jpg

神島は八重の波垣鷹渡る/広波青

鷹柱やがて読めざる数となる/仁科聖鳥

鷹渡るしるべの島を違へずに/能村研三

鷹ゆけり風があふれて野積み藁/成田千空

高波を鎮めて鷹の渡りかな/小澤克己

サルトルもカミユも遥か鷹渡る/吉田汀史

bighawk-japan-568-p.jpg

正に、猛禽の眼光炯々・・・空の王者ですネ。

2012年10月17日・シルビア・クリステルの命日。

Sylvia Kristel / シルビア・クリステル。

47780c63.jpg

あ~、中学一年生の時に釘付けとなった、
伝説の月間映画雑誌ロードショーの表紙・・・、
が、あの、初代(実は二代目)『エマニエル夫人』なのであります。

510nfebnYhL.jpg

なぜか、エマニエルと言えず、エマニュエル夫人と発音していた。
が、どうも調べると、エマニュエルが正しいようだ・・・どぅ~でも良いが(笑)

無念にも、絶賛放映していた地元の映画館では観れず・・・、
ホンモノの映画を観たのは、成人を過ぎた頃でありましたぁぁぁぁぁ。

靖国神社・『平成三十年/秋季例大祭』10/17~20

pic01yasukuni.jpg

靖国神社で最も重要な祭事は、
春秋に執り行われる例大祭です。

さて、今年の閣僚の参詣は誰が・・・、
総理は参詣して欲しいなぁけど・・・まず無理~。
でも、秋季例大祭に参詣しないって事は、問題だよね。

桜井誠は行くよね、うん。

dcec27dbd3a493511fe2b7fb6e920bf9-466x350.jpg

私も、アレコレ言い尽くしました。

アジアの三馬鹿の内政干渉・・・。
悪鬼のC、気狂いのK、どぅ~でもイイS。

しかし、これらを跳ね除けなくてどぅ~する。

いつまでも悔しい思いをしなくてはいけないのか?

納得いかないのであります・・・。

本日・10/17・神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)のメイン。

神嘗祭とは~宮中祭祀のひとつで、天皇陛下が、その年の新穀を、天照大御神(あまてらすおおみかみ)に奉納し、五穀豊穣を感謝する祭りです、神宮(伊勢神宮)でもおこなわれます。

かつては9月11日 (旧暦)に勅使に御酒と神饌を授け、9月17日 (旧暦)に奉納していましたが、新暦にあらためられた時に、旧暦と同じくすると新穀の収獲が間に合わないことから明治12年(1879年)以降は月遅れで10月17日に行われています。
1871(明治4)年から1947(昭和22)年までは大祭日として休日にもなっていました。

天皇陛下の神嘗祭のご様子。

20101016184049.jpg

天孫降臨(てんそうこうりん)の際、皇室の祖神・天照大御神は、孫?にあたる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に三種の神器(鏡・剣・玉)と共に「稲」を授けました。

『古事記』での神名は、すごく長くて・・・「天饌岐志国饌岐志天津日高日子番能邇邇芸尊(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと)」と、言います(^^;)

『日本書紀』には、以下の様に表記されています。

天孫降臨に際して、天照大御神が「高天原にある斎庭(ゆにわ/神々を祭るために斎(い)み清めた聖なる場所)の稲穂をわが子に捧げなさい」と命じられた。

自然の恵みに感謝する、神道のアニミズム的な、
日本人の食に対する原点が「神嘗祭」と言っても過言ではナイと思います。

ちなみに、三種の神器の正式?名称は、八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)です。

伊勢神宮の神体として祀られているのが三種の神器の一つ・・・・八咫鏡です。
古のものが現存しているといわれております。

伊勢神宮の内宮に安置されている八咫鏡とは、恐れ多くもこんな感じとか・・・。

f0234772_1442349.jpg
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ