FC2ブログ

再読・・・『鳥頭紀行/ジャングル編』

勝谷氏を偲びつつ読む、超面白いWA。

toriatama-j-334204203200.jpg

toriatama-j-334204203200k.jpg

~西原 理恵子+勝谷 誠彦の鳥頭紀行~
ジャングル編・どこへ行っても三歩で忘れる (角川文庫)

あらためて傑作だっ、読むべしっ。

2018年11月28日・勝谷誠彦氏・・・死去。

評論家の宮崎哲弥氏曰く、
「自死に近い死だったと思う」と・・・。
同感であります・・・。

勝谷誠彦氏・・・共感するトコロも多いコラムニストでありました。
勝谷氏は、博学多彩DE変人・・・多くの顔と趣味を持っていました。

cb8aacf89981cbca0233ed464bcaa2bf_content.jpg

私の勝谷氏との最初の出会い?は、カメラマンとしての顔であります。

漫画家の、西原理恵子女史の名作?『鳥頭紀行』シリーズにおいての、
カメラマンのかっちゃんDEあり、作中では完全なホモ扱いの下ネタ担当?
また、鴨志田穣(故人)と、西原女史とのキューピット?でもあったよし・・・。

しかし、この出会いは最悪の結果となるが・・・。

ま、そのあたりは、映画、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』を、ご覧下さい。

81MJlX8byLSY445.jpg

西原女史は、最愛なるポン友二人をアルコールで失ったことにナルわけだっ。

で、二つ目は、ジャーナリストの顔である。

『週刊文春』記者時代の一番のスクープと言えば、
「女子高生コンクリート詰め殺人事件」(1989年)における加害者少年らの実名を報道だっ。
実名を許可したのは、当時の同誌編集長の、現「月刊Hanada」の、花田紀凱氏である。

勝谷氏の持論は「獣に人権は無い」であり、この言葉は流行語になった。

でで、三つ目は、右の論客としての顔でしょうね。
そして愛国者でしたネ、「たかじんのそこまで言って委員会」を、
反自民で降板させられてしまいますが、主張の根底にあったのは、
本人の造語である、【利権談合共産主義】であろうと思うのデス。

ただ、小沢一郎議員や辻元清美議員に対する、
メデイアにおいてのアカラサマな擁護は納得できなかったが・・・。

まぁ、これ以上は止めて置こう・・・。

実業家の堀江貴文氏曰く、
「初めて会った時からずっとメルマガ送ってもらってて最期は生々しかった。風のように駆け抜けた人生でしたね」

その通りデスね、生き急いだんですよ・・・きっと。

でも、太く短く恥じることなく好き勝手に生きたんですWA。

天晴れと言いたい・・・合掌。

映画「blank13」を観た・・・ネタバレなし。

映画「blank13」

B201808071644071-O.jpg

なかなか良かったと思うよ。

原作は放送作家&脚本家の、はしもとこうじ氏の実話らしい。

エンドロールのラスト、松本匡人とは、
たぶん、はしもとこうじ氏の父親の実名でしょうネ。

笹川美和の歌う主題歌、「家族の風景」もジィィィ~ント来る。

この時間でまとめたのは正解だったと思いますね。

血族、親子、家族、夫婦、みんな違うんですよ。

どこにでもありそうな話を、キチンと観せると言う、
映画本来の正しさを見せつけられたような気がしましたっ。

葬儀場のキャラがやや濃すぎたが、それもご愛嬌か(笑)と・・・。

B201808071644071-OL.jpg

薬喰い、その一、黒牡丹鍋=すき焼(鋤焼)・11/29・いい肉の日。

すき焼やいつもふらりと帰省の子/永井みえ子

「い(1)い(1)に(2)く(9)」の語呂合せ。

イイ肉、食べてますかぁぁぁぁぁぁ。

skiyaki00356s-PPP.jpg

で、肉と言えば、牛?豚?鳥?魚?

地元なのに村上牛・・・何年も食べておりませんWA。

skiyaki00356s-PPPM.jpg

え~、大昔は、お肉を薬と称して食べていました。

なぜ?わざわざ薬などと言ったかと言うとですネ~、
今の時代、肉を食べるのはあたりまえの事でありますが、
仏教伝来以降、獣の肉を食べることは、基本的にNGだったワケ。

しかし、庶民は、特に冬場、「薬」と称して、
健康のため?獣の肉をアレコレ食べました。

これを「薬喰い」、「寒喰い」などTO言いました。

モチロン内緒で食べたようですが・・・、
政府公認?公然の秘密?だったようです。


でで、、黒牡丹鍋は、
牛鍋、スキヤキの事であります。

7w4m.jpg

なぜ牛を黒牡丹(こくぼたん)と言うのか?

それは中国の故事、
「唐の劉訓、牛に騎して京師に遊覧し、牡丹花を賞す」
から来ました、詳しく知りたい方はググッて下さいませぇ~。

この時期、ちょっと贅沢な、家族団欒には、すき焼ですネ。

一人すき焼は、ちょっと侘びしいデス。

妻を友も亡くして鋤焼のたぎる音/和田喜七

skiyaki00356s-P.jpg

あ~、すき焼、年内に食べられるかしら?とほほ。

牛鍋てふ店まだありし荷風の忌/斎藤由美

牛鍋や妻子の後のわれ独り/石田波郷

すき焼の豆腐へばかり老の箸/加来ふさえ

鋤焼をつつくに淋し頭数/高澤良一

横額は八一の書なり鋤焼す/右城暮石

skiyaki00356s-PP.jpg

11月29日・車寅次郎の誕生日。

このごろは、知らない人もいるらしい、嘆かわしいなぁ~。

fuuten-poster25v.jpg

車寅次郎・・・とは、映画、『男はつらいよ』シリーズの主人公デス。

fuuten-poster25o.jpg

日本の原風景であり、近代日本史と言っても大袈裟ではあるまい。

fuuten-poster25do.jpg

是非、ご覧下さいマセ。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ