FC2ブログ

11月02日~七十二候・その54[楓蔦黄/もみじつたきばむ]

秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む/柿本人麻呂

黄葉の落葉ばかりの夕かな/原石鼎


万葉集の歌に詠まれる「もみじ」は、圧倒的に「黄葉」であった。

紅い紅葉よりも、黄色い黄葉を重んじていた事になる。

なので歌に詠まれた紅葉は、ごくわずかでありました。

奈良時代には黄色く色づくものが注目されていたらしく、
落葉樹が紅く色づくのさえもすべて黄葉と記し「もみぢ」と読んだ。

秋に黄葉するのは、イチョウ、ケヤキ、ブナ、トチ、ナラ、クヌギなどが有名。

kouyou-yellor-ll.jpg

林檎の黄葉も、それは美しいのデス。

kouyou-yellor-appletow.jpg

二十四節気の霜降・末候、楓蔦黄。

kouyou-yellor-kryaki.jpg

もみじや蔦が色づいてくる頃。
ゆっくりと紅葉&黄葉前線が日本を染めている。

秋の山が紅葉&黄葉することを「山粧う」と言うのです。

日本の紅葉の美しさは世界で一番でしょう。

さあ、紅葉狩りへ出かけるシーズンです。

kouyou-yellor-icho.jpg


では、『黄葉』

ただよへる黄葉あかりのなほ暮れず/長谷川素逝

アカシヤの黄葉まみれの巴里雀/林翔

黄葉は散り紅葉は旺んなり/高野素十

黄葉を見よと硝子を拭きくるる/石田波郷

夜の黄葉運河に並ぶ娼婦館/棚山波朗

散り残る菩提樹黄葉数ふべし/清崎敏郎

kouyou-yellor-ichotwo.png

干し柿、旨し。

干し柿のひとつひとつに日の雫/中村ふく子

hosigaki56565656-pk.jpg

昔はどの家にも柿が吊るされてましたネ。

hosigaki56565656-fg.jpg

干柿を買ひて出湯の旅終る/萩野谷三和

干柿のインテリアめく連子窓/泉田秋硯

父に酒母に干し柿供へけり/桑垣信子

hosigaki56565656-pp.jpg

干し柿のすだれにぎはふ峡の村/河井富美子

連山を見飽き干柿吊しをり/高倉恵美子

干柿の種も細りて尖りゐる/秋千晴

hosigaki56565656-hg.jpg

11月2日・本日・『深キョン』のお誕生日♪

9ab2ca2342aae3c86e4b815a75380bcd1.jpg

瞬殺・・・。

いつもでもお元気で頑張って頂きたい・・・。

11/2・本日・『白秋忌』

本日、11月2日は、詩人、童謡作家、歌人・・・。

北原白秋の忌日デス。

12-11-02-haku.jpg

1885年(明治18年)1月25日~1942年(昭和17年)11月2日

童謡は誰もが知っている・・・。

「待ちぼうけ、待ちぼうけ、ある日せっせと野良かせぎ」

「大寒、小寒、山から小僧が飛んできた」

「雪のふる夜はたのしいペチカ。ペチカ燃えろよ、お話しましょ」

「この道はいつか来た道、ああそうだよ、あかしやの花が咲いてる」

「海は荒海、向こうは佐渡よ」

なんと句集も出しています、その名も【竹林清興】

でも、俳句より短歌が良いですね。

[すずろかにクラリネツトの鳴りやまぬ日の夕ぐれとなりにけるかな]

[にほやかにトロムボオンの音は鳴りぬ君と歩みしあとの思ひ出]

音楽好きだったとか。

しかし、女で白秋は、一時かなり落ちぶれるのでアル・・・。

この白秋に、酒と女を教えたのが・・・石川啄木でアルが、それが、
白秋、二十四歳の時の詩集「邪宗門」を生み出し、で時の人となる。

で、意味深のこの歌、
『君かへす朝の舗石[しきいし]さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ』

この歌の相手・・・当時、人妻だった松下俊子との交際にて、
姦通罪で投獄されます、これが一度目(笑)、しかし俊子とは別れる。

この大スキャンダルで仕事が激減して、隠棲に近くなる。

二度目が、江口章子(あやこ)との結婚、しかもこっちは被害者となる?

で、三度目の正直、菊子で、やっと安定する?が、身内やらトラブルは絶えなかった。

まぁ、歌人は情熱的でありますねぇ~。

では、私の大好きな北原白秋の詩をご紹介。

【断章】

酒を注ぐきみのひとみのほのかにも濡れて愁ふる。
さな病みそ、街のどよみの小夜ふけて遠く沁むとも。
       
わが友よ。
君もまた色青きペパミントの酒に、
かなしみの酒に、
いひしらぬ慰藉(なぐさめ)のしらべを、
今日の日のわがごとも、
あはれ、友よ思ひ知り泣きしことのありや。
       
あはれ、あはれ、色青き幻燈を見てありし
とき、なになればたづきなく、
かのごとも涙ながれし。
いざやわれ、倶樂部にゆき、友をたづね、
紅のトマト切り、ウヰスキイの酒や呼ばむ。
ほこりあるわかき日のために。
       
つねのごと街をながめて、ナイフ執り、
フオク執り、女らに言葉かはせど、
色赤きキユラソオの酒さかづきにあるは滿たせど、
かなしみはいよいよ去らず、
かにかくにわかき身ゆゑに涙のみあふれていでつつ。

では、
もう一つ、私が好きな短歌を・・・・。

【独居はなにかくつろぐ午(ひる)たけて酒こほしかもこの菊盛り】

北原白秋記念館はココをクリック→【北原白秋】
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ