FC2ブログ

水仙の花言葉は、 「うぬぼれ」

小夜更けて水仙香る八一の碑/小栗釣月

日本水仙。

nihonsuisen48982-p.jpg

花言葉は、ギリシャ神話の美少年ナルキッソスから。

ナルシスト(ナルシシズム)という言葉の語源。
そのあたりは、ググッて下さいませ。

nihonsuisen48982-m.jpg

その匂ひ桃より白し水仙花/松尾芭蕉

水仙のひとかたまりの香とおもふ/黒田杏子

水仙や風捨て崎と名付けたり/結木桃子

水仙の百万本とゐて孤独/塩路隆子

匂ひたつ直刃(すぐは)のごとき水仙花/神蔵器

水仙や風の岬に海女の像/布谷洋子

水仙の朝から匂い立つ純度/小栗釣月

nihonsuisen48982-a.jpg

めぐみさん失踪四十一年・・・政府はナニをやっている。

時間はない。

AS20171111001816_commL.jpg

6b1176a017edf0b7b2056b54caa6e5b0.jpg


北朝鮮に拉致されて、本日、11月15日でなんと41年の歳月が流れたのだ。

横田めぐみさんが連れ去られた失踪当時は、13才・・・恐怖と辛い日々が幾晩続いたのだろう。

我々は、一日も早く救い出さなければならない、ご両親の元に、笑顔で帰さなければならない。

我が国は無力だ、無力過ぎる・・・憲法は改正すべきだっ、武力を行使しなくてはいけない場合もアルのだ。

娘を持つ皆さん、子供を持つ皆さん、今一度、我が子ならと考えてみて欲しい・・・地獄の日々である。

祈るだけでは解決しない、と、思うワケです。

11/15・本日・『七五三』

衣擦れの音のはじめの七五三/杉浦典子

数え年で男の子は3歳と5歳、
女の子は3歳と7歳。

子供の健やかな成長を祝い、神社に参詣します。

img_536550_57358115_0.jpg

15日になっている理由は7+5+3=15だから・・・[諸説あり]。
(^_^)v

この年中行事いろいろあるんです。
詳しくはココをクリック→『七五三.wikipedia』

女の子用衣裳はとても可愛くて、
長女の七五三を懐かしく想い出します。
(T_T)
そういえば、巫女の踊りつきだったな!

mikoodori01.jpg

いろいろな理由があり、
次女の七五三が出来なかった、
本人はまったく気にしていないようだが、
私的に、かなり負い目がアル・・・。

平日はなかなか行けないので土日がピークでしょうか。
晴れますように♪

七五三細きうなじの願ひ事/武岡東西

親子して茶髪の似合ふ七五三/関正夫

もう一つ父の手が欲し七五三/阿部寒林

とつとつと鳩の付きくる七五三/高野清風

七五三父の背中に深眠り/河合笑子

旧暦十一月十五日『坂本龍馬』の命日。

【事は十中八九まで自らこれを行い残り一、二を他に譲りて功をなさむべし】

【日本を今一度せんたくいたし申候】

【世の人は我を何とも言わば言え我が成す事は我のみぞ知る】

【時勢に応じて自分を変革しろ】

【人間というものは、いかなる場合でも、好きな道、得手の道を捨ててはならんものじゃ。】

【人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。】


坂本龍馬を知らない日本人はちょっとヤバイですよネ。

ryoma.png

天保6年11月15日〈1836年〉~慶応3年11月15日〈1867年〉

誕生日&命日が同じなんです。
坂本龍馬の命日に当たる本日、
高知市内でさまざまなイベントが行われます。

「天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども、度量の大、
龍馬に如くもの未だかつて之を見ず。龍馬の度量や到底測るべからず。」
これは、かの、西郷隆盛の言葉です、凄い賛辞ですね。


では、龍馬の師匠、勝海舟の日記、
~氷川清話~から【竜馬】のくだりを引用します。


『坂本龍馬がかつておれに、先生しばしば西郷の人物を称せられるから、拙者も行て会って来るにより、添書をくれといったから、早速書いてやったが、その後、坂本が薩摩からかえって来て云うには、なるほど西郷という奴は、わからぬ奴だ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろうといったが、坂本も中々鑑識のあるやつだよ』

『土佐では、坂本と岩崎弥太郎、熊本では横井と元田だらう。坂本龍馬。あれは、おれを殺しに来た奴だが、なかなか人物さ。その時おれは笑って受けたが、おちついてな、なんとなくおかしがたい威権があって、よい男だったよ。』  


もう一つ、
陸奥宗光が坂本龍馬を語った有名な回想録を御紹介。、
ちなみに、この人物は、紆余曲折の後、新政府に使え、
カミソリ大臣の異名をとり、日米不平等条約の改正を成し遂げた、
鬼才であり日本外交史を語る上で忘れられない超一級の政治家です。


陸奥は、
「わしは世界の海援隊をやりますきに」
と、龍馬が言った、その場に居合わせた唯一の海援隊の隊士でもある。

「龍馬が西郷より、一枚も二枚も上手に見えた」
と、幾度も幾度も語ったと言われています。

その真贋は別として陸奥は龍馬に惚れこんでいました。

で、回想録は以下。

『坂本は近世史上の一大傑物にして、
その融通変化の才に富める、
その識見、
議論の高き、
その他人を遊説、
感得(説得)するの能に富める、
同時の人、
能く彼の右に出るものあらざりき。

[中略]

薩長二藩の間を駢合(薩長同盟)せしめ、
土佐を以て之に加はり、
三角同盟を作らんとしたるは、
坂本の策略にして、

[中略]

以て無血の革命を遂げんと企てぬ。
彼、
もとより土佐藩の一浪士のみ』

カッコイイのですよ。

まぁ、私は、司馬先生の竜馬がゆくno龍馬が一番好きですがネ。

siba-ryoumagayuku8.jpg

高知県立坂本龍馬記念館のHPはコチラ→【坂本龍馬記念館】
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ