FC2ブログ

旧暦二月四日・本日・【大石忌/おおいしき】

陰暦二月四日。
京都祇園においては三月二十日。

赤穂義士、大石内蔵助良雄/おおいしくらのすけよしたかno忌日デス。

81306024002478.jpg

万治2年(1659年)~元禄16年2月4日(1703年)

ご存じ忠臣蔵。
赤穂浅野家筆頭家老。
この日、大石をはじめとする義士すべてが切腹しました。
ゆえに、赤穂義士は、伝説の中で永遠に生きる存在となったわけです。


【大石忌】

叔父の僧姪の舞妓や大石忌/松本たかし

酔ひざめの頬杖はづれ大石忌/鷹羽狩行

大石忌梅一輪の桂籠,/須賀遊子

大石忌祗園の宵の春浅き/多田莎平

風呂敷にふるさとの酒大石忌/中田尚子

刀匠の銘打つ鏨(たがね)大石忌/鈴木わかば


赤穂義士の中には俳人が多く。
特に大高源吾は高名で、俳号を「子葉」(しよう)と言い、
句集(ふたつの竹)も発行しています。

他、小野寺十内は俳号を「里龍」、
茅野和助は「禿峰」、
神崎与五郎は「竹平」、
寺坂吉右衛門は「万水」、
冨森助右衛門は「春帆」、
間重次郎は「如柳」、
原惣右衛門は「来水」、
吉田忠左衛門は「白砂」デス。

【初鰹江戸の芥子(かいし)は四季の汗】と言う、
大高源吾「子葉」の句がありますが・・・・。
子葉は宝井其角と句会での交流もあり、親しかった。

で、忠臣蔵の名場面!
大高源吾と室井其角「両国橋の別れ」となるワケであります。

middle_1386688063.jpg

詳細はこちら→【十二月十三日・本日・『正月事始め』】

其角の句に、【うぐひすに此(この)芥子酢はなみだ哉】とありますが、
子葉の切腹を悲しみ【芥子】にかけて愛弟子の「子葉」の為に詠んだ句だと言われています。 

子葉を偲び「子葉忌」を季語として俳句を詠む方も多いです。


大高源吾「子葉」の辞世の句。
【梅てのむ茶屋も有へし死出の山】


大石内蔵助の辞世の歌。
【あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし】
 
もう一つ残っているようで、こちらの歌が本当っぽい。
『極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人』

02月04日~七十二候・その1[東風解凍/はるかぜこおりをとく]

朝東風にゐで越す波の外目にも逢はぬものゆゑ瀧もとどろに/詠み人しらず

harukaze848575.jpg

二十四節気の立春・初候、東風解凍。

harukaze78739007.jpg

暖かな東寄りの春の風・・・東風(こち)

東風は、太古より『こち』TO呼ばれていたようです。

昔の人は、春は東からやって来ると考えていました。

ゆえに、東風は春を呼ぶ風なのです。


東風吹かばにほひおこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ/菅原道真

梅は春告草とも言い、梅が咲き毎に春が煌めいてゆきます。

東風解凍とは、
東風が氷結していた山河、木々をを解かし始める頃・・・春の足音がすぐそこに。

東風(こち)の種類は多様です・・・春を待つ心は太古も今も同じであります。


雲雀東風寺紋の入りし軒瓦/山口たけし

夕東風や煙吐きゆく異国船/山田京子

荒東風に奪はれし帽海に浮く/泉田秋硯

海東風や殉教の士の眠る丘/松宮幹彦

椿東風さすらふ猫のとんがり目/鈴鹿百合子

梅東風や水陽炎の妻庇/浅井千代子

桜東風恋の初めの薄化粧/小栗釣月


本日より季節が新しくなります。

日本の気候、いわゆる四季のはじまりです。

で、気候とは、二十四節【気】&七十二【候】で、『気候』なのであります。

とても大切な事デス、憶えて置いて下さいマセ。

2019/02/04・本日【立春】

auto_nxSi8C.jpg

二十四節気・第1。

umenigatu219147075pp.jpg

「春の気たつを以て也」

今日から、暦の上では《春》です。

旧暦では、一年の始まりは、立春からと考えられていますが、かつての一年のはじまりは【冬至】を基準に考えられていました。

冬至は一年でいちばん昼が短い日、ゆえに、この日から少しずつ日脚が伸びる為にそのようにしたのでしょうか?

しかしながら、冬至を過ぎても気温はさらに下がり、冬は厳しさを増してゆきます、では、年間で一番で寒い立春を一年のはじめにしてはどうか?と、言う事になり、立春に一番近い新月の日を一年のスタートとしたようであります。

其の為、季節の起点は、本日、立春デス。

今日から、少しずつ暖かくなってゆきます・・・たぶん(笑)

で、
『立春』、春立つ・春来る・立春大吉。

rishun1.jpg

春立つとわらはも知るや飾り縄/松尾芭蕉

さざ波は立春の譜をひろげたり/渡辺水巴

春立つや愚の上に又愚にかへる/小林一茶

春立つや昼の灯くらき山社/正岡子規

春立つや六枚屏風六歌仙/高浜虚子

天深く春立つものの芽を見たり/加藤楸邨

立春大吉夫婦の齢百五十/水原春郎

立春の海を見たくて観覧車/鶴濱節子

天上大風立春の幣畦に挿す/根岸善雄

立春や天の慄き銀の雨/小栗釣月

rishun2.jpg

新年会・・・。

昨夜予定していた悪友達との新年会。

インフルエンザDE全滅・・・中止となりました(笑)

ひいてないのは、私だけッス、まだまだ油断大敵DEあります。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪
HEBOギタリストにして俳人:小栗釣月/おぐりちょうげつ(俳句愛好会[幹]主宰)。

TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。

新潟県M市在住。

血液型0・天秤座。

好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』

好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。

現在の音楽活動!

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!
歴史モノ(司馬遼太郎・塩野七生)・SF(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(椎名誠・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
SF・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Snoopy・ふなっしー・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
リンク