FC2ブログ

皇后陛下への大賛辞に思う・・・。

初の国賓としてトランプ大統領を迎えた、天皇皇后両陛下は、誠に誠にご立派でした。

いやぁ~、長生きはするモノですね~TO、思ったのは私だけではナイはずであります(笑)

tennoukougouryouheika12372020.jpg

理知的な天皇陛下の笑顔と気品と落ち着いた態度・・・まさに日本国の象徴であらせられた。

tennoukougouryouheika12372020e.jpg

さらに、気品溢れる、皇后陛下への賛辞が内外でやまないのでア~ル・・・まぁ、国内メディアの手のひら返しがスッゴイWA。

kougouheika94319134978.jpg

あることないこと皇后陛下を揶揄し過激なバッシングをしておきながら、コレDEある、手放しの大賛辞ではないか、節操ないWA。

そもそも、皇族方は反論するスベを持たない、それを知っていての捏造的な批判はあまりにも卑怯で愚劣な行為である。

公平、正しさ、自由と言われる報道のあり方とはあまりにも程遠い・・・マスコミは皇族方に対して不公平であり、不敬だと声を大にして言いたい。

ただ、やはり何事も実力主義なのだ、このたびの皇后陛下のご活躍を目の当たりにしたのだから当然であるがネ。

皇后陛下のキャリアを思い出せば、至極当たり前な事であり頷けるワケだが、本当に輝いておられた、感動した、素晴らしかった。

私は、皇后陛下をバッシングした輩に、心の中で何回も叫びました、『ざまぁ~みろ、馬鹿者、どうだ、思い知ったか』と、(笑)

だが、しかし、ココDE、愛子内親王殿下を・・・・もしくは女系天皇を・・・TO言う話しは、まったく別の問題であるからにして一緒にしては駄目なのでありますヨ、そこは、ヨ~ク考えて議論するべきだと・・・。

じゃんじゃん。

青葉木菟(アオバズク)が鳴いている。

夫(つま)恋へば吾に死ねよと青葉木菟/橋本多佳子

aobazuku87943272361qqqqq.jpg

名前は、青葉が芽生える季節に飛来することからの由来。

響く声ではあるが、なぜか必死な感じで切ない鳴き声デス。

青葉木菟は、鳩ほどの大きさで色は茶に白が混じる・・・こんな感じ。

aobazuku87943272361qqq.jpg

顔に愛嬌はあるが、なかなか獰猛で、昆虫や小鳥を捕食するフクロウ科の夏鳥デス。

真夜中から夜明け前ごろ、『ホーホー、ホーホー』と、鳴く声を聞いた事がアルはず・・・。

aobazuku87943272361qqqqnnn.jpg

ふたこゑに闇したたれり青葉木菟/德田千鶴子

青葉木菟は、この時期、インドなどの南方から渡って来て、人里近い寺社の森などに棲みつきます。

まさに、私のご近所はそのような環境DEあり、毎年この時期には青葉木菟が鳴くのですヨ。


青葉木菟と孤独との取り合わせは、もはや定番となっております。

aobazuku87943272361qqqq.jpg

青葉木菟おのれ恃め(たのめ)と夜の高処/文挟夫佐恵

敗走の果ては母郷の青葉木菟/豊田都峰

恋の句の一つもなしよ青葉木菟/高島茂

百遍の嘘も本当に青葉木菟/北原武巳

病むも独り癒ゆるも独り青葉木菟/中嶋秀子

声出さぬひと日の暮るる青葉木菟/渡辺延子

遺されし夜はみどりに青葉木菟/亀井福恵

終りから始まる話青葉木莵/朝吹英和

また同じ夢を見たのよ青葉木菟/矢野玲奈

aobazuku87943272361q.jpg

死にたいなら一人で死んでくれDE何が悪い。

藤田孝典氏曰く、
川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい、 社会はあなたを大事にしているし何かができるかもしれない。
社会はあなたの命を軽視していないし、死んでほしいと思っている人間など1人もいない、というメッセージを発していくべき。

と、言うこの発言で、ネット上でかなり炎上して、話題になっていましたがネ・・・そりゃ炎上するでしょ。

例えば、藤田孝典氏は、被害者の遺族にもこのままの文言DE言えるのか?

この殺人者は、独りよがりの、人でなしではないか。

なんともお花畑的な発言のように思えてならナイのDEあります。

命は平等でアルべきだとは思うが、やはり幼い子が理不尽に殺されたらなら普通は怒りが先に来る。

事情はどうアレ、精神的がどうしたの、生い立ちだの、全然関係ない、人の命を奪ったんだヨ。

再犯防止の観点でじっくりと捜査はしてもらいたいし、あらゆる角度で分析して欲しい、犯人の遺品を念入りに調べるべきだっ。

死にたいなら一人で死ぬべき、自分の人生がつまらないのは、自分がつまらないからだよ、それを人のセイにするなんて、最低最悪である。

少女のご遺族に心から哀悼の意を・・・幼い子が死ぬたびに涙が出る・・・人でなし予備軍をなんとかしなくてはなりませんネ。

そして幼い命をどうやって守るか、早急に政府は対策を立てなくてはなりません。

少子化の昨今、子は正に国の宝であります、全力を挙げて守らなくてはいけませんZO。

泰山木(タイサンボク)の花。

泰山木かをるやひと日家に籠る/水原秋桜子

壷に咲いて奉書の白さ泰山木/渡辺水巴

taisanboku06251327_ma0.jpg

モクレン科の独特の優しい花の香りが良い。

taisanboku06251327_ma.jpg

この白い大きな花は、非常に高いところ(高さ10メートルから20メートル)に咲くので遠くから見るのがよい。

学名「Magnolia(マグノリア)」、このマグノリアで化粧品などになっている事多い。

カクテル、マグノリア・ブロッサムは有名。

mabu1898.jpg

アメリカ中南部の原産。

南部のニューオリンズといえば、ジャズの発祥の地であり、メンフィスはロックのレコーディングの聖地でもある。

あ、映画もありましたね。

magnolia-m.jpg


泰山木の花ありつたけ崩壊秘め/加藤楸邨

上層中層下層泰山木咲きぬ/中村草田男

泰山木おのが木暮に花咲かす/長倉閑山

応援歌泰山木は咲かむとす/草深昌子

泰山木けふの高さの一花あぐ/岸風三樓

泰山木こずえまで咲き泣き止めり/増田まさみ

泰山木すこしさがりて水に見る/松澤昭

泰山木の一花は友の母の座よ/野沢節子

坐すならば泰山木の花の上/若泉真樹

泰山木ジャズの流るる港町/小栗釣月

taisanboku06251327_ma01.jpg taisanboku06251327_ma012.jpg

5/29・本日・『多佳子忌/たかこき』

「現代俳句に橋本多佳子といふ作家のあることを誇りにせずにはゐられない」by山口誓子

春空に鞠とどまるは落つるとき

いとけなく植田となりてなびきをり

あぢさゐやきのふの手紙はや古ぶ

いなびかり北よりすれば北を見る

オリオンの盾新しき年に入る

七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ

万緑やわが額にある鉄格子

凍蝶に指ふるるまでちかづきぬ

凍蝶も記憶の蝶も翅を缺(か)き

鴬やかまどは焔をしみなく

寒月に焚火ひとひらづつのぼる

雪はげし抱かれて息のつまりしこと

s_hashimoto_takako_img01.jpg

1899年(明治32年)1月15日~1963年(昭和38年)5月29日

師の山口誓子は、「橋本多佳子さんは、男の道を歩く稀な女流作家の一人」と言った。

正確には、山口誓子が、第一句集『海燕』の序文の、以下のように書きました。

「女流作家の道には二つの道がある。
女の道と男の道である。
女の道は男性にもてはやされる道だが、
男の道は男以上の志と炎を燃やす。
多佳子の俳句は男の道で容赦のない冷厳な道である。
多佳子は男の道を歩く稀な女流作家の一人である。」


同期の戦後俳壇の女流スター、中村汀女・星野立子・三橋鷹女とともに四Tと呼ばれました。

創作のきっかけは高浜虚子、そして杉田久女と山口誓子に師事し、水原秋桜子主宰「馬酔木」や「天曜」の同人となります。

特に、久女には可愛がられて、俳句以外に絵や書まで教えられたと言われています。

久女は、「多佳子さんの句は、華やかで印象強く清新な点が特徴である」と述べています。

『天狼』創刊に同人として参加後、『七曜(しちよう)』を創刊主宰、また、読売新聞社の俳壇選者も長く勤めました。

夫、豊次郎や櫓山荘(大正11年3月25日・虚子が句会を開いた、久女も一緒)の逸話は面白いのですが・・・長くなるので興味のある方はググッて下さいませ。


【多佳子忌】

百合剪つて崖を荒らせり多佳子の忌/橋本美代子

骨までもをんなのかたち多佳子の忌/阿部知代

多佳子忌や七曜啼けり白孔雀/本橋定晴

燈台の白染める陽よ多佳子の忌/桂信子

絨毯に螢火ひろふ多佳子の忌/鷹羽狩行

薔薇の首グラスに泛かせ多佳子の忌/内田美紗

多佳子忌と知るや知らずや蛍とぶ/西村風香

北見れば星うすうすと多佳子の忌/門屋文月

多佳子忌を過ぎたる誰もいない海/平松良子

多佳子忌の崖あをあをと滴れり/上野さち子


では、多佳子の有名な句をさらに幾つか・・・。


ひと日臥し卯の花腐し(うのはなくたし)美しや

雄鹿の前吾もあらあらしき息す

わがために春潮深く海女ゆけり

一ところくらきをくぐる踊の輪

踊りゆく踊りの指のさす方(かた)へ

乳母車夏の怒濤によこむきに

炎天の梯子昏きにかつぎ入る

くらがりに傷つき匂ふかりんの実

枯園に靴ぬがれ少女達を見ず

菊白く死の髪豊かなるかなし

夫恋へば吾に死ねよと青葉木菟

九月来箸をつかんでまた生きる

月光にいのち死にゆくひとと寝る

月光に一つの椅子を置きかふる

星空へ店より林檎あふれをり

猟銃音殺生界に雪ふれり

橇(そり)がゆき満天の星幌にする

日を射よと草矢もつ子をそそのかす

月一輪凍湖一輪光あふ

母と子のトランプ狐啼く夜なり

生き堪へて身に沁むばかり藍浴衣

白桃に入れし刃先の種を割る

硯洗ふ墨あをあをと流れけり

山の子が独楽をつくるよ冬が来る

雪の日の浴身一指一趾愛し

鶏頭起きる野分の地より艶然と

爛々とをとめ樹上に枇杷すする

「おしやれと云ふのは、紅や油をつけることではなく、おのれの身の隅々まで心を行き届かせたことです。」
by多佳子

『七曜』は、多佳子没後は堀内薫、その後、多佳子の四女である橋本美代子が主宰を継承し発行を続けていたが、2015年3月に第八〇〇号をもって終刊しました。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ