FC2ブログ

今年は一週間ほど早い・・・里山で初蝉を聞く。

初蝉や水の支へる杭の丈/前田陶代子

niniini848423823ll.jpg

何処も同じようで、今朝のBlogに蝉の事を書いている人が数名。

さて、地元のちょっと田舎の里山で蝉が鳴き始めた・・・夏の本格的な幕開けです。

あ~、私の住居のアタリも近いうちに蝉が鳴き始めるんだなぁ~。

私は、城山の麓にいましてネ、鶯が鳴く頃は良いのデスが蝉の時期はかなり煩くなるワケ。

ま、仕方ないですWA、夏ですから(笑)


蝉の鳴く順番の種類は、私の地元では、だいたいこのパタァ~ンでありますヨ。

一、ニイニイ蝉
二、蜩
三、油蝉・ミンミン蝉
四、ツクツクボウシ

niini94398348934843ll.jpg

夏へフルスロットル♪

いやじゃぁぁぁぁぁ~夏は嫌いじゃぁぁぁぁぁぁぁ。


~閑さや岩にしみ入蝉の声/松尾芭蕉~

この句は、ちょうど今頃の句なのです、初蝉でしょうネ。
正確には、旧暦五月二十七日(新暦では7月13日)の夕方の句。

まだ蝉が鳴き始めて間もない頃・・・数匹か一匹しか鳴いていないワケだ。
蝉時雨ともなれば、絶対に閑(しずか・静か)さ、TO言う余韻は生まれない。

奥の細道での名句中の名句ですWA。

で、やはり芭蕉は運も良い。

当初は山寺へ行く予定などはなかったのですが、鈴木清風(山形の豪商・俳人)のススメDE尋ねたんですヨ。

段取りはすべて清風がやったようで、痒い所に手が届くこの人物は、馬と宿泊先まで用意しました。

この名句の手柄の半分は清風でしょうね。


蝉、夏の季語です。

ninisemi3786r.jpg

初蝉に朝の静けさなほのこる/加藤楸邨

初蝉の短かくなきてあとは風/桂信子

初蝉や術創深し吾も妻も/川端実

初蝉や峰に真向ふ神の杉/勝田公子

開け放つ窓初蝉のはるかより/増田富子

初蝉と気付きてよりの古都の景/稲畑廣太郎

ninisemi3786rr.jpg

梅雨夕焼・・・奇麗DE悲しい。

人形に絵本を読む子梅雨夕焼/川瀬里江

tuyuyuhuyake97831913881kkkk.jpg

物悲しい季語であります、美しく悲しく・・・もしかして最期?などとも思ってしまうのか?

tuyuyuhuyake97831913881kkkkkk.jpg

いちにちの景のをはりの梅雨夕焼/鷹羽狩行

母の死は梅雨夕焼の消ゆるころ/武井美代子

失明のあるやも海の梅雨夕焼/田所節子

子はなほも麻酔の中に梅雨夕焼/當麻幸子

病床に歎異抄あり梅雨夕焼/久保田雪枝

哀悼の祈りはるかへ梅雨夕焼/本郷桂子

亡き妻としばらく染まる梅雨夕焼/大島翠木

tuyuyuhuyake97831913881kkkkkkk.jpg

青唐辛子の収穫です。

つれなさの切なさの青唐辛子/三橋鷹女

数歩のみ青唐辛子焼くにほひ/山口誓子

aotougarasi88676y.jpeg

青唐辛子が熟した赤いものが赤唐辛子。
 
赤唐辛子は秋の季語。 
青唐辛子が夏の季語となります。

aotougarasi88676p.jpg

漢字では、蕃椒(ばんしょう・とうがらし)とも書く。
傍題は、葉唐辛子・・・葉っぱも辛いのでアリマス。

中南米が原産。
紀元前6000年ごろから、
既に栽培されていたようです。

一説によると、日本への伝来は、
1542年にポルトガル人宣教師らしい。
ゆえに、南蛮胡椒とも言われた。

万能香辛料、「柚子胡椒」の「胡椒」は唐辛子の事デス。

辛いモノが大の苦手な私・・・天敵です。

aotougarasi88676o.jpg

新米に葉唐辛子を目分量/高澤良一

葉唐辛子一枚簾下げて夕餉/長谷川かな女

青蕃椒二つ並んで皿の中/加賀谷凡秋

青唐辛子シルクロードの汽車揺れて/兼近久子

異神あり青唐辛子祠りけり/佐々木六戈

aotougarasi88676l.jpg

明日[6~7日]から村上大祭。

7cd432e10d96f5d84d04f91493ddb108.jpg

18-7-4-maturi (2)

18-7-4-maturi (1)

あ、私は残念ながら首のヘルニアDE、五年ほど前に現役引退をしております(涙)

今年は久しぶりに晴れのお祭になりそうで良かった♪

7/5・本日・「穴子の日」

延髄を断たれ穴子の目の浄し/芦川まり

30anago04854890.jpg

穴子の旬が夏&7と5で穴子の「なご」の語呂合わせ。

anagozusi432905089834.jpg

夏の季語であります。

海鰻とも書く。
穴子の稚魚は「ノレソレ」と言ってと美味。
正式には葉形仔魚(レプトケパルス)と言う。

noresore74656.jpg

他の魚同様、夏が産卵期・・・、
天ぷらや穴子鮓は絶品ですね。


穴子裂く大吟醸は冷やしあり/長谷川櫂

笯[ど]を積みて夕日の海へ穴子舟/長谷川閑乙

そと海に似たるうねりや穴子釣/上川井梨葉

焼穴子都くすぶる匂ひせり/石原歌織

白焼の穴子に強気揃ひけり/今瀬一博

P013356756_480.jpg

播磨には古き漁港や穴子焼く/大堀鶴侶

あごあなごあはびの順に売れにけり/高橋将夫

潮騒の届くめし屋の穴子丼/山田佳乃

江戸前の穴子天ぷら屋形船/飯田政子

150213c-thumb-600x400-33519.jpg


笯~、【筌/うけ】とも言う、
細く割った竹を編んで筒形あるいは籠状に作り、水中に沈めて魚・エビなどをとる漁具。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ