FC2ブログ

深山霊域の鳥・・・姿の仏法僧TO声の仏法僧。

口々に仏法僧を真似てをり/大橋俊彦

buhohsoho63653535ooo.jpg

なんのこっちゃ、仏法僧は、仏法僧でしょ?

それが違うんですよ、え~、これについては、角川の歳時記からマンマ引用した方がよいな、で、以下。

「夏の夜ブッポウソウと鳴くのはブッポウソウ科の仏法僧だと信じられてきたが、実はフクロウ科の木葉木菟であることが昭和十年に判明した。そこで仏法僧を『姿の仏法僧』、木葉木菟を『声の仏法僧』と呼ぶ。仏法僧は青緑色で赤い嘴が目立つ。木葉木菟は全体に褐色で金色の目をしている。幼鳥は共に純白」

ね~、この二種、棲息エリアがほぼほぼ同じなので、古人が間違っちゃったのヨね~、それで、ずぅぅぅと勘違いのママ。

で、画像にて違いを比べて見て。

『姿の仏法僧』の仏法僧。

buhohsoho63653535oooo.jpg

『声の仏法僧』の木葉木菟。

konohazuku099125454.jpg

なんで、昭和十年を境に、姿の仏法僧を仏法僧、声の仏法僧を木葉木菟として詠むようになったんだけど・・・。

じゃぁ~、今までの句はなんだったのぅぅぅぅl?TO、私に言われても困ります、はい。

では、森の宝石とも呼ばれる姿の仏法僧の句を、もちろん、夏の季語です。

buhohsoho63653535oo.jpg

耳立つる仏法僧と闇鳴くまで/竹内美知子

佛法僧忽然と霧にこゑおこる/瀧春一

仏法僧このまま生きてゆけと鳴く/小澤克己

佛法僧織部の闇となりにけり/岡井省二

仏法僧啼くと信濃の嶺の中/古田考鵬

仏法僧熊野の闇の幾重にも/小林洋子

袈裟などは持たぬ持たぬと仏法僧/犬丸勝子

buhohsoho63653535o.jpg

7月18日~七十二候・その33[鷹乃学習/たかすなわちわざをならう]

矢形尾の鷹を手に据ゑ三島野に猟らぬ日まねく月そ経にける/大伴家持

taka8383484374844k.jpg

二十四節気の小暑の末候、鷹乃学習。

初夏に孵化した鷹の雛が、巣立ちの準備を始める頃。
飛び方や獲物の捕り方を自ら学び、巣立つの日を待ちます。

「鷹」は冬の季語。
どうして冬の季語なのか?
冬に狩りをする鷹が目立つからかしら?

鷹の語源は諸説アリマスが、高く飛ぶから、「たか」、猛々しい鳥だから、「たけ→たか」が有力。

また、鷹は死肉を食べないんです、だから狩りに使えるんですWA。

鷹匠は、鷹以外に隼も狩猟用に育てるらしい。
隼は番号、鷹には名前をつけるのだそうだっ。

で、今回は、冬の季語ですが、鷹狩にて少々。

takagari78123615449.jpg

鷹狩や宮司は今日も案内役/井上井月

鷹狩や時雨にあひし鷹のつら/夏目漱石

鷹狩を終へたばかりの瞳する/櫂未知子

二上の彼面此面に網さして吾が待つ鷹を夢に告げつも/大伴家持

taka8383484374844p.jpg

早咲きの夏萩。

萩は秋の季語ですが、先駆けて夏に咲く萩もあります。

初夏から咲き始める宮城野萩、七月ごろに開花する犬萩、猫萩など。

また、花がまだ咲いていない、青々と葉の茂った萩も夏萩と言います。

natuhagi383727373l.jpg

夏萩。
傍題・・・さみだれ萩 、萩の茂、青萩、若萩。

natuhagi383727373oo.jpg

夏萩の垣なりこれや太虚庵/水原秋櫻子

夏萩やすいすい夕日通り抜け/大野林火

夏萩や枯れたる花もうち交り/高野素十

救世観世音まで夏萩を吹きあまり/飴山實

燃ゆるもの身に夏萩を手折りけり/桂信子

さみだれ萩ときどき油断してをりぬ/岡井省二

natuhagi383727373kk.jpg

この時期は胡蝶蘭の芳香が漂う。

胡蝶蘭花みな蝶やわれに舞ふ/山口青邨

kochouran84387347437y.jpg

某の玄関に胡蝶蘭が三鉢。
クラクラするほど芳しいのであります。

kochouran84387347437mm.jpg

胡蝶蘭は、夏の季語であります。


吾がための定年祝ふ胡蝶蘭/山口富美子

すき通るほどの握手や胡蝶蘭/田口佐江

師の受賞寿(ことほ)ぎ句座に胡蝶蘭/伊藤和子

導かれ来し一卓の胡蝶蘭/後藤夜半

胡蝶蘭花芯の紅を夜へ閉ざす/深谷雄大

kochouran84387347437dr.jpg

旧暦7月18日(745年)・楊貴妃の誕生。

海どうや白粉に紅をあやまてる/与謝蕪村

この有名な句は、宗皇帝が楊貴妃を「海棠の花」と例えた故事の比喩。

酔い痴れた楊貴妃を起こしたらまだ眠そうな表情を見せたので、
「海棠(かいどう)の眠り未(いま)だ足らず」と、言ったらしい・・・。

楊玉環が玄宗皇帝(唐第6代)の貴妃となり、
楊貴妃となった日が本日、いわゆる安史の乱の傾国の美女デス。

楊貴妃-1

古代中国四大美人(西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃)の一人で、
日本版世界三大美人(クレオパトラ・楊貴妃・小野小町)の一人でもある。

まぁ、有名な楊貴妃の事は皆さんご存知ですよね。

で、不思議な伝説があります、楊貴妃は実はその後助けられてひそかに日本に渡ったというのです。

山口県の長門市の二尊院に、昔、楊貴妃が小舟に乗って流れてきたという伝説が残っていて、
楊貴妃の墓だという五重塔が建っています、なかなか面白い御伽噺ですね、義経伝説みたいです。

白居易(白楽天)が長恨歌(ちょうごんか)でその悲劇を描いたのは有名デス。

悲劇の傾国の美女・・・ロマンであります。


俳句の世界では、固有名詞でも楊貴妃桜としてもタクサン詠まれています。

風に落つ楊貴妃桜房のまま/杉田久女

一本の楊貴妃桜遠出して/中西舗土

蕾まだ固き楊貴妃桜かな/辻桃子

美麗なる楊貴妃の像初観音/辰巳光子

楊貴妃の宮ありしてふ大枯野/木暮剛平
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ