FC2ブログ

尊敬申し上げている、黒鉄ヒロシ先生。

このお方、単なるコメンテーターではないっ。

dom1907240003-m1.jpg

超一流の歴史観を持ち、さらにユーモアのある、インテリの漫画家兼イラストレーター兼エッセイストである。

NHK、『天下御免/1971年』のタイトルバックイラスト。

歴画、『坂本龍馬/1998年』、第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞受賞。

ryouma-kurogane.jpg

ryouma-kurogane2.jpg

漫画、『赤兵衛/2002年』で第47回小学館漫画賞審査委員特別賞受賞。

また、歴史街道などでの、イラスト&コメント多数、しかもなかなかの論客DEある。

某日、朝日系の情報番組で「断韓」の2文字を掲げた。

『韓国をあやしてあげる時代は終わった。あのような変な国と付き合う時代も終わった。』

正に、御尤も、サスガの発言にスッキリ、愛読者としても嬉しいです、お見事DEございましたっ。

なぜ熱帯魚が夏の季語なのか?

受付の私語をさまよふ熱帯魚/柘植史子

熱帯魚人を待つ目の置きどころ/黒坂紫陽子

歯医者の受付かしら?これは淡水ではなく海水魚でしょうネ。

nf-R78914378147177718S.jpg

金魚、目高、これらはエアコンの無い時代の夏の涼としての季語なのネ。

が、しかぁ~しっ、熱帯魚は涼に?ならないではないかぁ~、TO、思う次第ッス。

とは言え、季語として、観賞魚限定DEアルならば、涼かもなぁ~、海水魚などは更に良いかもなぁ~などとも思いつつ(笑)。


私は小学生の低学年から熱帯魚を飼育していたんですヨ、ゆえに、マニアDEありますZE。

その頃は飼ってる事が超珍しかったから、友達がたぁぁぁぁくさん見に来たなぁ~、自慢していたヨン。

近年は水槽、ヒーター&フィルターなどの飼育設備もかなり良くなり、飼い易くはなっていますね。

特に海水魚の水槽はイイよね~、小さい水族館って感じがするモンね~、病院などはレンタルが多いようですWA。

nf-R78914378147177718SRENTA.jpg

あ、一応、アクアリウムと言うと良いのか、水族館から個人のモノまで、アクアリウムTOするのは如何かとも思いますが、そういうコトになっているようで(笑)。

そうそう、野生の熱帯魚も多いよね、ありゃ問題だわなぁ~、グッピーやプラティが多いね、日本の生態系はメチャクチャっす。

nf-R78914378147177718BGP2.jpg

nf-R78914378147177718PR.jpg


三匹にあらず三枚の熱帯魚/山口青邨

葉っぱの様な薄い熱帯魚は多いけど、リーフフィッシュはそのもの。

わかります?中央にいるのがリーフフィッシュですよ、すごい擬態デス。

985c53ed-50fa-4070-9676-aa00271a71df.jpg

天使魚もいさかひすなりさびしくて/水原秋櫻子

妻疲れをり天使魚の鰓づかひ/佐野鬼

エンゼルフイッシュ、名前に似ず気がとても荒く縄張り争いが耐えナイ。

a89687902cde8b99894fd0396c4656c8.jpg

闘魚の彩に剥脱の夜を重ね/八木三日女

熱帯魚色をとばして闘へり/細見しゆこう

闘魚とは、ベタの事、現地では戦わせて賭けをするのです。
種類も多く、美しいバトルフイッシュに魅せられるマニア多し。

nf-R78914378147177718BETA.jpg

夕茜みごもり透きて熱帯魚/中村明子

グッピーのメスがそんな感じですネ。
ちなみに熱帯魚は卵胎生(魚の形で生まれてくる)が多く、グッピーはその筆頭。

nf-R78914378147177718BGP.png

某友人は泳ぐ宝石ディスカスDE身を持ち崩しましたが、やはり趣味はほどほどに、ですね。

nf-R78914378147177718Discus.jpg

若い人は蚊帳(かや)を知らない(笑)。

蚊帳に寝て母在る思ひ風の音/杉本寛

と、言う、私でさえ、蚊帳は小学生の低学年の記憶である、そして、懐かしい母との記憶でもある。

kaya55661479in.jpg

三十年前に青蚊帳畳み了(お)えき/池田澄子

いま、一般家庭では蚊帳を吊る事はまずないと言っていいでしょう。

どこぞのお寺に研修へ行って久しぶりに蚊帳に入ったとアル先輩がちょっと前に言っておりましたヨ。


殺虫剤、蚊取器具、エアコンなどの普及により急激に消えてしまったモノだっ。

私は、ギリギリの世代なのではないかしらん?

もはやノスタルジーである。

落語の名作、 按摩(あんま)と蚊帳の話、「麻のれん」などは蚊帳に入った事がないとイメージがわかないだろうなぁ~、うん。

で、昨今は、キャンプブーム、ゆえに、蚊帳も、モスキートネットとしてアウトドアで復活した、種類も多し。

kaya55661479out.jpg

俳句の季語としての蚊帳は消えてゆくのだろうネ、残念。


そうそう、トトロに蚊帳が出てきますね、古きよき時代DEあります♪

kaya55661479totoro.png


近江蚊帳汗やさざ波夜の床/松尾芭蕉

*近江蚊帳とは江戸時代の超ヒット商品、詳しくはこちら→『近江蚊帳』

kaya55661479ing.jpg

暁や白帆過ぎ行く蚊帳の外/正岡子規

蚊帳へくる故郷の町の薄あかり/中村草田男

つりそめて水草の香の蚊帳(かちょう)かな/ 飯田蛇笏

いねながら蚊帳の月光掌にすくふ/山口誓子

初蚊帳のしみじみ青き逢瀬かな/日野草城

よろめきて孤絶の蚊帳をつらんとす/石田波郷

吊ればすぐ風来る蚊帳のわかれかな/鈴木真砂女

蚊帳吊りし昭和の釘の残りけり/成井侃

蚊帳といふ網にかかりし男かな/穂積茅愁

今日よりは帯解く眠り蚊帳青し/若月恵子

kaya55661479edo.jpg

私の地元では玫瑰(はまなす)が身近です。

はまなすに宗谷の沖は荒れてをり/斎藤朗笛

hamanasu8474620sea.jpg

海が近いからネ。
それから、天皇妃雅子様のお印。
なにせ、我が故郷は雅子妃陛下の先祖の地。

また、今上陛下が北海道でハマナスに大感動されたとか、上の句のように宗谷であったやも知れません。

玫瑰は、とても大切にされて来ましたが、お印になりましてからは、さらに、大切にされております。

他、漢字では、浜茄子、海薔薇とも書き、別名は、浜梨(はまなし)。

夏の季語です。

hamanasu8474620j.jpg

原産地はアジア。
薔薇科、ゆえに香りも良い。

夏にピンク花(白花もアルらしい)を咲かせる。

hamanasu8474620w0.jpg

根は染料、花はお茶&漢方薬、果実は食用になる。
葉や枝に棘があり、けっこう痛い。

バラの一種で外国では観賞用に品種多数。

hamanasu8474620m.png

玫瑰や今も沖には未来あり/中村草田男

はまなすに己が愁ひをもてあます/鈴木真砂女

燈台の陰はまなすの香を高む/古舘曹人

搾乳婦来てはまなすにひざまづく/堀口星眠

はまなすのどこへ腰掛けてもひとり/落合水尾

はまなすの花野しばらくつづきけり/野村泊月

はまなすの砂丘の果を作る海/稲畑汀子

はまなすや王妃所縁の日本海/小栗釣月

hamanasu8474620sea2.jpg

7/24・本日・『河童忌/かっぱき』・我鬼忌/龍之介忌。

青蛙おのれもペンキ塗りたてか

蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな

松風をうつつに聞くよ夏帽子

明星の銚(ちろり)にひびけほととぎす

本日・7月24日は、芥川 龍之介/あくたがわ りゅうのすけno忌日です。

ryu_aktgw.jpg

1892年(明治25年)3月1日~1927年(昭和2年)7月24日)
満35歳没・・・・自殺。

小説家、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。

芥川龍之介を知らない日本人がいたらお目にかかりたい[笑]
彼の小説などは実際に読んでアレコレお考えくださいマセ。
また、逸話も多く、興味のある方はググッていただきたい。

さて、芥川龍之介は生前に、約600句と言われる俳句をつくり、
そのうちの、七十七句を、『澄江堂句集/昭和二年刊行』に収録した。

bokuto161-img432x600-1404511369zmzoma26254.jpg

【落葉焚いて葉守りの神を見し夜かな】

上記は、芥川龍之介の9歳で初めてつくった俳句だそうです。
やはり、スゴイです。

《河童忌》&《我鬼忌》

河童忌やあまたの食器石に干す/飯田蛇笏

河童忌や棟に鳴き入る夜の蝉/内田百間

河童忌や水の乱せし己が影/石川桂郎

娼婦来てベツドに坐る我鬼忌かな/角川春樹

光りては水の尖れる我鬼忌かな/上田五千石

青年の黒髪永遠に我鬼忌かな/石塚友二

なぜ、芥川 龍之介が俳句にのめり込んだのかはヨクわかりませんが、
夏目漱石との交友が一番の理由ではないでしょうか。
芥川龍之介は頻繁に漱石山房[夏目漱石の終の棲家]に出入しており、
俳句を作っていた漱石の影響をうけたのでは?
芥川龍之介は高浜虚子が主宰するホトトギスにも投稿しています。

芥川龍之介が芭蕉に心酔しており俳句の創作で芭蕉を模範としていたようです、
また、尾崎放哉、井上井月などにも非常に興味をもっていた様子です。

左翼、反軍的な自説を主張・・・・、このあたりはまぁなんとも、
ただし、我が海軍[オグリン家は先祖代々海軍畑デス]には好意をよせている様子ですが・・・・、

では、芥川 龍之介の句を更に幾つか。。。。。。

昼見ゆる星うらうらと霞かな

たんたんの咳を出したる夜寒かな

ちりたまる花に起るや夕つむじ

湯上りの庭下駄軽し夏の月

兎も片耳垂るる大暑かな

木がらしや目刺にのこる海のいろ

風に鳴る松や孤峯の草枯れて

煙草が大好きで、1日に180本も吸っていたヘビースモーカーだつたとか。

以下、興味深いお話。

~「点心」のようなもの~

芥川 龍之介が俳句を文学上、どのように考えていたか、
門下生の小島政二郎への書簡中で、以下の様に書いています、

「此頃高浜さん[虚子]を先生にして句を作つています。点心を食ふやうな心もちでです」

さらに、その「点心」ついて、随筆で以下の様に書いています。

「点心とは、早飯前及び午前午後哺前(ほぜん)の小食を指すやうである。
小説や戯曲を飯とすれば、これらの随筆は点心に過ぎぬ。
のみならずわたしはこの四五年、丁度点心でも喫するやうに、時々これらの随筆を草した」

辞世の句
「水洟(みづぱな)や 鼻の先だけ 暮れ残る」

芥川賞、年々遠くなるなぁ。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ