FC2ブログ

マッシュルームカットがブームなのか?

某日、野暮用で都会に行った時、あれ?TO思ったのが、若い男性のマッシュルームカットスタイルが多いこと。

今風に、マッシュルームカットは、マッシュボブヘアスタイルTO言うらしい。

私など、マッシュルームカット=ビートルズなのであるが、いわゆる、リメイクヒットTO言うコトになるのか?

beatles-mc6713273267.jpg

あるブログに、マッシュルームカット男子は不倫率が高いTO書いてあったが、ゲスのの極み乙女の、川谷絵音とすべてのマッシュルームカット男子を一緒にしてはイカンよ、ネ。

gesu981478917616.jpg

さて、歴史は繰返す、日本は何処へ向って行くのだろうか、繰返してもらいたくない事も多いのだがネ。

今夜はソーメンにするか?

うまうまと独り暮しや冷索麺/山田みづえ

sohmen7178665o2.jpg

そうめん、素麺、索麺とも書く。

漢字、索麺は中国から、日本で、素麺とも書くようになり、素麺DE定着したのは最近の事。

また、江戸時代には、七夕(七姐節)にそうめんを供え物としたらしい。

ま、素麺が夏の季語でアル事に異論はないでしょう。

素麺の楽しみはなんと言っても薬味でしょうね。

sohmen7178665yakumi2.jpg

俳句では、冷索麺(ひやそうめん)として詠むのが一般的。

sohmen7178665o1.jpg

掬ふたび冷さうめんの氷鳴る/岡本眸

築山を飽かずながめて冷さうめん/小島健

火の国のわけ葱ま青に冷さうめん/角川照子

のど過ぐる渓流の音冷素麺/鈴木光子

sohmen7178665karafuru.jpg

冷索麺懐しき人皆透ける/川崎展宏

冷索麺見た目も味の内也と/高澤良一

妻老いて冷索麺の葱きざむ/遠藤梧逸

青竹を瀬しぶきにかけ冷素麺/小坂部佳代

sohmen7178665nagare.jpg

葵といえば、まぁ普通は立葵(たちあおい)だよね。

わが丈となりて親しき立葵/鷹羽狩行

tatiaoi7463131212r.jpg

立葵。
漢字では、蜀葵とも書く。

夏の季語です。

トルコ&ヨーロッパのMIXらしい。

日本には薬用として渡来。

北海道の一部ではコケコッコ花とも呼ぶらしい。

tatiaoi7463131212s.jpg

蝶低し葵の花の低ければ/富安風生

立葵いつもの如く帰省子に/山口青邨

一日を坐りて暮し立葵/後藤比奈夫

三方に蝶のわかれし立葵/中村汀女

tatiaoi7463131212e.jpg

立葵列車が黒く掠めゐる/渡邊白泉

古風なる瑠璃の夕空立葵/飯田蛇笏

墓守は問わず語りの立葵/伊丹三樹彦

tatiaoi7463131212m.jpg

7/25・本日・『甘露忌/かんろき』・不死男忌。

死の見ゆる日や山中に栗おとす

鳥わたるこきこきこきと罐切れば

へろへろとワンタンすするクリスマス

三月やモナリザを売る石畳

すみれ踏みしなやかに行く牛の足

子を殴(う)ちしながき一瞬天の蝉

本日・7月25日は、秋元不死男/あきもとふじおno忌日です。

akiyama-f.jpg

1901年11月3日~1977年7月25日

号は東京三(ひがし きょうぞう)。別号に秋元地平線。

甘露忌の由縁は、遺句集の『甘露集』による。


島田青峰に師事し「土上」「天香」に参加。

以下、新興俳句運動に加わり、京大俳句事件に連座して投獄された時の二句。

降る雪に胸飾られて捕へらる
捕へられ傘もささずよ眼に入る雪

戦後は「天狼」参加を経て「氷海」を創刊・主宰。


【甘露忌】

甘露忌に白き風呼ぶさるすべり/木内彰志

甘露忌の一番星を湖の上/長田等

湯に踊る燗徳利や不死男の忌/佐野克男

寸酌を「給油」と呼びし不死男の忌/鷹羽狩行

不死男忌の不意に鳴き出す牛蛙/後藤秋邑

不死男忌の慈雨ふんだんに傘に受く/本宮鼎三

秋元 不死男、
句に妻と母がこれほど出てくる俳人はいませんね。

では、【妻】to【母】のある句を・・・、

銀色の失名賀状妻に来し

細帯の正月妻といふべしや

家の妻瞳に描きがたし青き踏む

母美しとほき干潟にゐてひかり

深く深く組ませし母の荒れし手よ

隠すなき裸身の母をわが拭く手

仏の母に春暁の彩短かかりき

疎んずる蚊帳の妻と子雷遠し

ただ妻の支持のみ確か蟇低音

富士爽やか妻と墓地買ふ誕生日

終戦日妻子入れむと風呂洗ふ


私は、家族で句を詠めません。
少し残念に思います。

7/25・本日・『豊田都峰/とよたとほう』の忌日。

郭公のさそふ林をふもととす

ががんぼよ向かう岸までおれもゆく

夕やけの中へ中へと子らかへる
  
いわし雲去りゆくものは音たてず

野のすすき山のすすきと暮れにけり

日をひとつほりあげてゐる花曇

いちはやく春の灯となる水ほとり

初秋はうすむらさきの遠嶺かな

本日、七月二十五日は、豊田都峰の忌日です。

toyoda1.jpg

1931年1月13日~2015年7月25日


鈴鹿野風呂の「京鹿子」に入会、編集長、副主宰を経て、「京鹿子」主宰また、関西現代俳句協会の会長も務めた。


では、都峰の句。

ひぐらしや遠き日密にしてしまふ

借景やすすきはゆれるから外す

光悦を追へばらでんの春のてふ

吾亦紅少しはなれてくれてゐる

子よねむれ雪をんな戸をたたく夜は

春寒の永平禅寺ひしめく戒

海底になくひぐらしや盛衰記

白梅とわかるとほさでひきかえす

花冷の数珠のひとつぶづつに母

野宮やうすむらさきの落葉かげ

雲水と逢ひし日ぐれのひとしぐれ

高舘や風のすすきの遠目癖

若葉青葉プロムナードは水に沿ふ

京鹿子(きょうかのこ)HP→結社「京鹿子」
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ