FC2ブログ

藁塚(わらづか)、藁にほ、藁ぐろ、藁こづみ、などなど。

はじめから傾ぐ藁塚にて候/伊藤白潮

waraduka098765wv.jpg


藁塚?田が無いトコは、なんじゃそれ?デスわね。

藁も読めないかもネ、なじみが無いモンなぁ~。

で、これデス。

waraduka098765w.jpg

モネ、この風景は西洋でも同じなのです。

waraduka098765wwwtumiwara.jpg


秋の日差しに匂う、藁の香り、そして、そこに集う小さな生き物。

なんとも癒しの光景ではありませんか。


waraduka098765ww.jpg

藁塚のどつかと坐る大日向/笠間圭子

藁塚に一つの強き棒挿さる/平畑静塔

藁塚は母の温もりかくれんぼ/川副民子

藁塚を組み一枚の田を労ふ/松本鷹根

子の去りし藁塚にある日のぬくみ/戸木下節子

waraduka098765www.jpg

『旬』・・・実は短い単位なんですけどネ。

柚子散らし酢牡蠣ほたほた旬のもの/高澤良一

namagaki-yuzu-09876.jpg

生牡蠣+大根おろし+柚子、最強です。


旬の食材、旬を味わう、よく使う言葉です。

いわゆる、はしりモノですね。
その季節の出盛りで新鮮な特定の食材を用いた料理が一番美味しい時期、と言うコトで良いでしょう。

まぁ、 物事を行うのに最も適した時期や、最新、ブーム、評判な事、また、男盛り、女盛り、なども、旬かな。


実は、もともと、「旬」は、【十日間】を、意味する言葉なのです。


よく使うじゃないですか、「上旬」「中旬」「下旬」って、ね。

一ヵ月三十日を、十日ずつに分けて表現したってのが、もともとの意味なのよネ。


旬とは、本来、古の宮中行において、天皇が紫宸殿(ししんでん)に出御し、臣下に酒を賜り、政務を聞く儀式でありました。

よ~スルに、頑張ってチョ~だいね、と言う、天皇が臣下を労う?酒宴だったのでゴザイマス。

当初は、毎月一日・十一日・十六日・二十一日に行われていましたが、平安中期以後は四月と十月の一日だけとなりました。

四月を孟夏(もうか)の旬、十月を孟冬(もうとう)の旬といい、合わせて二孟の旬と言います、季語であります。

孟夏の旬には、扇子。
孟冬の旬には、氷魚(ひお・鮎の稚魚)。
こられを、天皇より賜ったとの事。

その他に朔旦(さくたん)冬至の旬など、臨時の旬もあったようです。

旬、深い意味の言葉なのですWA。


na-kurigohan09876.jpg

旬のものとて栗飯も二度三度/谷口君子

茸の旬をはりし山の霧の粒/上村占

秋鯖の旬の曽々木に宿をとる/清水寥人

鰯雲鰯いよいよ旬に入る/鈴木真砂女

na-iwashi098776.jpg

お一人様は肌寒の布団の中で身悶える、猫は落葉の布団の中で・・・。

朝、夕、寒ぅぅぅぅぅぅございますネ。

o0568042614022192638.jpg

しかし、落葉は、冬の季語でありまして・・・。

冬になりましたら機会をつくって、俳句にてご紹介いたしましょう。


今日は一日雨模様です。

肌寒い日々が続き、冬がどんどん近づいています。

あ~、今年の秋は短いZO(涙)、シクシク。


旅衣八重着重ねて寝のれどもなほ肌寒し妹にしあらねば/玉作部國忍

ま、昔の人も、一人寝は嫌だったようで・・・。


サイレンに目覚め夜半の肌寒し/河合笑子

肌寒し明け待つ富士のシルエツト/小池津や子

肌寒や我に小瓶の酒を買ふ/村田さだ子

乾きたる男の厨肌寒き/佐用圭子

生国の朝市ことに肌寒し/古川忠利

f3f4ec3bf1835af0f3bb3f13428ff722.jpg

鶫は、シベリアで繁殖して、中国を経由して、越冬は日本なのネ。

鶫群るる空や上総の山低し/田中臥石

tugumi-615142323.jpg

日本へ大群で飛来するそうだっ。
しかし、鶫(つぐみ)、私は見た記憶はない。

どうも、積雪が苦手らしい、ゆえに、雪国は避けるのか?。


こちらのディーバなら、存じておりますが(笑)

はい、鶫真衣(つぐみ まい)様でございまするぅぅぅぅぅ♪。

mai-tugumi-d002.jpg

mai-tugumi-d003.jpg

あ、話がそれました(笑)。


本来は「鶇」と書くらしい。
が、鶇の構成部分の「東」を「柬」と誤ったものが定着したとの事。


キイキイィ、クワックワッと鳴くらしい。

秋は、森林や低山などで木の実や昆虫を食べ、冬には平地の畑、田園周辺にいるらしい。

けっこう地味な鳥なんでネ~。

しかし、俳句ではけっこう詠まれています。

戦前?は、食用としていて、とても美味との事。
現在は禁猟であるらしいが・・・居酒屋のメニューにあるのはなぜ?(笑)


秋の季語、小鳥来るの小鳥の仲間デスね。

tugumi-jkdsuieiuak-g.jpg

立ち止まりまた立ち止まりつぐみ駆く/渡辺政子

田の色に鶫の色の紛れけり/佐藤真次

糠雨にけむる居久根や鶫来る/小柴健一

静かな鶫花幻に抱かれいることも/金子皆子

雪雲や田に望郷の鶫鳴く/干代田葛彦

鶫引きローム層より地靄立つ/田中英子

県境の河を卍と鶫飛ぶ/田中臥石

tugumi-jkdsuieiuak-o.jpg

10月19日・イクメンの日・・・です。

育児男子、いくめん。

「父さん(10) 」「育児 (19)」の語呂。

2011年から毎年この日に、イクメン オブ ザ イヤーの表彰が行われます。

最近の若い夫婦の家事の男女の家事の比率は半々らしい。

良いことであります、男女平等。

亡き母は、私が厨房に立つと機嫌を悪くする人でした。

男子、厨房に入らず・・・昔のお話・・・。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ