FC2ブログ

蟹の季節だぁぁぁ、ズワイガニも久しく食べてないZOooooo。

ずわい蟹ひたすら食らふ閑かさよ/斉木永久

zuwaigani-yude.jpg

確かに蟹は沈黙して食すモノ(笑)。
旨いのと手間がかかるからだろうが・・・。
大家族の食卓で蟹を割る音だけが聞こえるのはオモシロイよね。


ココ数年、高級品である蟹を一匹丸ごと食べた記憶がない。

あ~ぁ、貧乏は嫌だね(笑)、トホホであります。

で、ズワイガニは冬の季語です。
別名、松葉蟹、越前蟹、ヨシガニ、タイザガニ、などなど。

さらに、メスになると名前も変わります、詳しくはググッて下さい。

でで、ずわい蟹。
これから旬ですなぁ~、美味しい蟹が市場にでますよ~。

一般的に、ズワイガニと言われるのは以下の三つ。

ズワイガニ~本ズワイガニ。
中。旨み強。

オオズワイガ。
大。ほぼロシア産。甘み有、カニしゃぶがベスト。

紅ズワイガニ。
中。茹でると赤くなるので、紅。
深海のズワイガニの一種、味も良し。


で、一番美味しいズワイガニは、本ズワイガニだよネ~。

本ズワイガニのオスは十一月から翌年三月までが旬デス。
メスは短くて十一月から翌月一月までが旬っす。

焼き蟹。

zuwaigani-yaki.jpg

蟹コロッケ。

zuwaigani-koro.jpg

刺し身。

zuwaigani-shasimi.jpg

シャブシャブ。

zuwaigani-shabu2.jpg

蟹みそ。

zuwaigani-miso.jpg

買はれてもまだ呟けりずわい蟹/田中素砂

ずわい蟹包むローカル新聞紙/駒木根淳子

ずわい蟹肢折りしやぶる岬人/高島筍雄

ずわい蟹食ふ狼藉をつくしけり/白岩三郎

モタモタとずわい蟹喰ぶ山の人/小栗釣月

友生きているかぎり来る松葉蟹/伊佐利子

大輪の越前蟹を笹の上/鷹羽狩行

zuwaigani-hon.jpg

あ~、年内はお目にかかることもないだろうなぁ~。

なんか、腹減ってきた(涙)。

ポゥゥゥゥl~♪いしやぁぁぁぁぁき芋、お芋♪

焼芋の固きをつつく火箸かな/室生犀星

irori-yakiimo.jpg

昔は、この句の様に囲炉裏で焼いたものです、旨かったなぁ。

isiyakiimo-sp-imo.jpg

石焼芋は、冬の季語なんですがぁ~、
このごろはスーパーで一年中売っていますネ。

isiyakiimo-sp.jpg

私が子供の頃は、屋台で売りに来たモノですが、
近年は軽トラックを改造したタイプが主流ですWA。

isiyakiimo-sp-riyaka.jpg

isiyakiimo-sp-kuruma.jpg

ふところの焼芋のあたたかさである/尾崎放哉

俳句では、芋を藷として詠む場合が多いです。

薩摩芋の別名を、甘藷(かんしょ)と言い、他の芋と区別する為かな?

ころがつて出る焼藷の黒だるま/辻田克巳

さいかちの月夜や灯る焼藷屋/渡辺水巴

焼芋を二つに折れば鼻熱し/吹田孤蓬

銭湯を出て焼藷を買うてゆく/上崎暮潮

焼藷の釜の業火を街に引く/古舘曹人

焼藷を二つに割つてひとりきり/西野文代

美女の転がす焼藷の痘痕かな/小栗釣月

冬の雲は二つアルんだよね~。

冬雲に鳥打帽の廂かな/松根東洋城

fuyunokumo-nn.jpg

鉛の空が続く・・・。

鈍色の空に垂れ込めた陰鬱な雲も、晴れの澄んだ空にかかる雲も冬の雲だっ。

太平洋側の冬の晴れ間には積雲が多くかかり、日本海側には雪を呼ぶ鈍色の雲がかかる。

この二つの雲のうち、残念ながら、私の地元は、重い鈍色の空に積乱雲が・・・。


実のあるカツサンドなり冬の雲/小川軽舟

fuyunokumo-n123.jpg

冬雲。
傍題は、寒雲、凍雲、凄雲、蝶々雲、富士の笠雲などなど。

冬の雲魔性の瞳つくりけり/小栗釣月

雲は単独では季語にはならないっ。
四季で雲の表情は大きく変わる、ゆえにそれぞれの季節を冠して季語とスル。

冬の雲生後三日の仔牛立つ/飯田龍太

冬の雲世渡り下手な母と子と/志方桜子

搗きたての冬雲の上ふるさとへ/正木ゆう子

冬の雲風の轍のありにけり/石寒太

自動ドア閉ぢて寒雲また映す/松倉ゆずる

冬の雲父は田舎のハイカラさん/志方章子

気まぐれな神降臨す冬の雲/小栗釣月

fuyunokumo-nnn.jpg

旧暦・享保七年十二月四日・小石川養生所設立。

日付は諸説あり。

江戸幕府が江戸の小石川薬園内に養生所を開設した日。

o0400032813932538841.jpg

医師、小川笙船が時の将軍徳川吉宗に建白して設立させた。

小川笙船は、山本周五郎著「赤ひげ診療譚」の主人公である【赤ひげ先生】のモデル。

akahige61PD3VBK46L.jpg

黒澤明監督、最後のモノクロ作品にして最高傑作と言われた、『赤ひげ』の原作でもアル。

kurosawa-red-beard16.jpg

kurosawa-red-beard1.jpg

12/04・「E.T.の日」

大ブームを巻き起こしましたネ~。

3ab9151b46beaf7106135d283dfe473f.png

1982年(昭和57)の、この日、映画『E.T.』が日本で公開されました。

E.T.とは、Extra-Terrestrialの略で「地球外生物」の意味。

『E.T. PHONE HOME』も、流行りましたね、懐かしいデス♪

et-1-1-238400.jpg

DE、なんと、「E.T.」37年後を描いた4分ショートムービーが公開中デス。

泣いちゃう?感動は、こちら→『A Holiday Reunion – Xfinity 2019』
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動イロイロ。


Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)


オグリン(classical music:Solo)


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ