FC2ブログ

防衛ラインの後退の可能性、さぁどうする・・・。

38線の防衛ラインはもはや風前の灯。

思えば我が国は、かの白村江の戦い(天智2年8月・西暦663年)のあった時代より朝鮮半島を意識してきたと言える。

38chousen123h.jpg

38chousen123hh.jpg


日本の防衛ラインは、あの朝鮮戦争を経て、対馬海峡ではなく朝鮮半島の38度線に敷かれた。

38chousen123.jpg

38chousen123a.jpg

が、しかし、南が北に飲み込まれそうな昨今、南北の統一により、日本の防衛ラインは対馬海峡まで後退する。

japansea-dl1.jpg

japansea-dl2.jpg

当然、米国の防衛ラインは同様に後退する事となり、在韓米軍は南下するワケだ・・・。

う~ん、近いね・・・。

そうなると、チャイナとロシアのその時の出方である・・・が。

既に両国は韓国と日本の領空をたびたび侵犯しており、イケイケの状態でアル事は疑いようが無い。

で、憲法の改正しかないのであります。

このままでは日本はチャイナに隷属すると言う辱めを受けることに、確実になるワケよ。

あ~、日本よ、どこへゆく。

笹鳴き・・・冬のウグイス。

猫の耳ちらと動きて笹鳴ける/藤崎久を

cat983219812378871.jpg

春告鳥のウグイスの鳴き声と言えば「ホーホケキョ」に決まっている。

sasanaki-uguisu1.jpg

が、しかし、冬場はちょっと変わってくる。
特に人家の近くにおりてきては、「チッチチッチッ♪チャッチャッ♪」と鳴く。
この小さい鳴き方は、いわゆる地鳴きであり、笹鳴(ささなき)と呼ばれている。
この笹鳴の目立ってくるのは冬なので冬の季語。

笹鳴や日脚のおそき縁の先/萩原朔太郎

笹鳴の日かげをくぐる庭の隅/萩原朔太郎

sasanaki-uguisu2.jpg

朔太郎はよほど笹鳴きが好きだったようで・・・・。
あの深刻ないかつい顔で朔太郎が己が影とシンクロさせたか?

sasanaki-uguisu3.jpg

笹鳴に逢ひたき人のあるにはある/三橋鷹女

笹鳴をひかりのこゑとして置ける/峯尾文世

笹鳴に視線ちらばるたのしさよ/海輪久子

笹鳴の来て居ることも耳打ちす/村越化石

笹鳴きに乳を離せし赤子かな/山田ロツキイ

笹鳴きをききもらすまじ山晴れて/橋本美奈子

笹鳴に寝返りを打つ女かな/小栗釣月

sasanaki-uguisu4.jpg

年の暮に・・・。

下駄買うて箪笥の上や年の暮/永井荷風

戦前までは、新年を迎えるなどのイベント時に、
大人も子供も新しい下駄をおろして履く風習があったのです。

geta1.jpg

いねいねと人にいはれつ年の暮/八十村路通

一人身の心安さよ年の暮/小津安二郎

荷がゆれて夕陽がゆれて年の暮/岩淵喜代子

踏台に乗ること多し年の暮/田中太津

開け閉めの栓のいろいろ年の暮/藤岡紫水

はらわたの紆余曲折を年の暮/中原道夫

ともかくもあなた任せのとしの暮/小林一茶

toshinose-japansea.jpg

明日は大晦日でありますぞ~♪

空前の猫ブームが続いているが・・・。

超猫派のわたくし、猫ちゃんの動画などを見るのが大好き。

nekochann1684.jpg

ただ、ちょっとネ心配なんだよね。

猫を生き物と考えてない輩がいるんです。
さらに、虐待している・・・しかも飼主がそれを虐待と思っていない。
これは問題です、命デス、小さいけれども命です。

『猫・で・も・飼う・か?』などとカンタンに言ってはいけないのです。

生き物を飼うとは崇高な行為なのです。
ゆえに、命と責任の重さを、わかってナイ人は飼うべきじゃない。

nekochanhqdefault6.jpg

アル猫の譲渡会の責任者は、一定の条件を満たさないと、
猫ちゃんを譲り渡さないと言います、それは正解ですよねっ。

通常のペットの販売においても、売ればイイだけじゃなく、
販売時に、もっとキチンと飼主の義務や罰則を強化するベキです。

俳句の師匠のトコの猫ちゃんは、二十四歳です。
まぁ、ソコまでは難しいとしても十歳ぐらいまでは、ネ。
ちなみに、日本の猫ちゃんの平均寿命は、11,9歳との事。

最後まで面倒を見る、これは常識ですよね。
もちろん、猫に限ったことじゃなくて、犬や他のペットも同様と言えます。

nekochan9e0fdda5.jpg

命に寄り添うワケなんで、覚悟がいるんですよ。
その覚悟がない人は、生き物を飼ってはいけませんゼ。

じゃんじゃん♪

12/30・本日【星新一/ほししんいち】の命日。

本日は、日本SFの先駆者であり、
「ショートショーの神様」と、呼ばれた星新一氏の命日です。

hososoniti83769.jpg

1926年(大正15年)9月6日~1997年(平成9年)12月30日

はじめて(中学二年の夏休み)読んだ星新一の本がコレ!

『午後の恐竜』

01796782.jpg

その懐かしい作品が、3Dアニメになっていました。

また、他の多くの作品が近年、TVでも原作になりドラマ化されています。

え~、私は、この作品を読んでSFオタクになります。

中学時代に好んで読んだSF作家陣は、

半村良
小松左京
筒井康隆
眉村卓
平井和正
光瀬龍
高千穂遥
川又千秋
豊田有恒
田中光二
荒巻義雄
栗本薫などなど・・・・。

残念ながら今の私の本棚には彼らの作品はありません。

アパートの本棚では限界があり、
BookOffへすべて行ってしまいました。
(T_T)

鬼籍にはいられた作家も多く・・・・時の流れを感じます。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ