FC2ブログ

雪が全然無くてて良い、で、梅見も近い・・・。

しかしながら、雪国。
まだまだ春の予感なんて・・・。

二月三日が節分。
二月四日が立春です。

旧暦の2月は、如月/きさらぎとよばれました。
その他、絹更月、衣更月などとも・・・・。

二月の異名は多く・・・。

殷春/いんしゅん、初花月/はつはなつき、雪解月/ゆきとけつき、雪消月/ゆききえつき。

そして、梅見月/うめみづき。

a40aa516.jpg

梅見(観梅)・・・春の季語デス。
立春前なので春の季語は、ちょっと早いのだけれど、魁ます。

umemi-04.jpg

ことしもまた梅見て桜藤紅葉/井原西鶴

御秘蔵に墨をすらせて梅見哉/宝井其角

さむしろを畠に敷て梅見かな/与謝蕪村

さらさらと衣を鳴らして梅見哉/夏目漱石

青空のいつみえそめし梅見かな/久保田万太郎

うすうすと酔うたる人と梅見かな/禅京子

懐に燗カップ酒梅見かな/小栗釣月

早く、暖かくなってほしいなぁ。

二月礼者とは、たぶん、死語DEありましょう。

出稽古の帰りの二月礼者かな/五所平之助

「正月には芝居関係、料理屋関係の人々は年始の礼にまわれないので、二月一日に回礼する風習があった。
この日を一日(ひとひ)正月、二月正月、迎え朔日、初朔日といった。正月のやり直しをする日と考えるのである」
by平井照敏・河出文庫版の歳時記。

華やかに芸者さんの挨拶まわりにて・・・。

nigatu-34181aad87ppp.png

それとなく二月礼者の著(着)道楽/後藤夜半

鶯や二月礼者に疎(うと)からず/松瀬青々

女弟子伴ひ二月礼者かな/中川朝

ほのぼのと紅刷き二月礼者かな/林糺苑

親しさや二月礼者の郷なまり/宇田都子

二月礼者舞台衣裳のまま来る/棚山波朗

nigatu-34181aad87pp.jpg

今日から、二月です♪

暮色もて人とつながる坂二月/野沢節子

nigatu-saka12345.jpg

二月。

ume-nigatu123k.jpg

まだ寒い。
しかし、春への希望。
二月はそんな月です。

久しぶりに雪がチラつきます。

nigatu-komorebi2.jpg

詩に痩せて二月渚をゆくはわたし/三橋鷹女

二月早や熔岩に蠅とぶ麓かな/秋元不死男

本買へば砂觸りある二月の夜/原田種茅

二月商戦眉目秀麗のピエロ得て/ねじめ正也

二月はや天に影してねこやなぎ/百合山羽公

二月はやはだかの木々に日をそそぐ/長谷川素逝

nigatu-komorebi1.jpg

2/1・本日・【碧梧桐忌/へきごとうき】寒明忌。

蕎麦白き道すがらなり観音寺

赤い椿白い椿と落ちにけり

愕然として昼寝覚めたる一人かな

千編を一律に飛ぶ蜻蛉かな

雪チラチラ岩手颪にならで止む

から松は淋しき木なり赤蜻蛉

この道の富士になりゆく芒かな

春寒し水田の上の根なし雲

三日月やこの頃萩の咲きこぼれ

出羽人も知らぬ山見ゆ今朝の冬

冬枯や墾(ひら)き捨てたるこのあたり

旅にして昼餉の酒や桃の花


本日、二月一日は、
「子規門下の双璧」の一人、
河東碧梧桐の忌日です・・・。

子規は、
碧梧桐と虚子について、
「虚子は熱き事火の如し、碧梧桐は冷やかなる事氷の如し」と評した。

102628.jpg

1873年(明治6年)2月26日~1936年(昭和12年)2月1日

同郷の正岡子規に師事。
俳句を学ぶキッカケは野球、誘ったのは高浜虚子。

1902年(明治35年)に子規が没すると、
新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐも、
「ホトトギス」を買い入れた高浜虚子に対抗してか、
新傾向俳句に走るが・・・私的には成功したとは思えない。

しかしながら、当時の商業的な高浜虚子の、
客観写生主義や花鳥諷詠を礼賛する気も毛頭ナイ。

また、荻原井泉水と、自由律俳句誌『層雲』を主宰・創刊するも、
井泉水と意見を異にし、層雲を去り、俳誌『海紅』を主宰・創刊。


【碧梧桐忌・寒明忌】

たそがれて碧梧桐忌の済みにけり/妹尾健

二月先づ碧梧桐忌や畑平ら/泉天郎

碧梧桐の忌なり墨汁飛び散つて/内田美紗

碧梧桐忌法外な寒ンもたらせ/ 高澤良一

今昔をけふも読み居り寒明忌/瀧井孝作

白鳥の吃水ふかき寒明忌/鈴木裕之


高浜虚子の碧梧桐への追悼句
『たとふれば独楽のはぢける如くなり』

この独楽は、当然、俳論で火花を散らした、
碧梧桐と虚子の二人を模した、喧嘩独楽であろう。

俳壇で徹底的に戦いあった二人であるが、
プライベートでは、幼馴染のままの交際が続いたと言う。

二つの喧嘩独楽の一つが倒れ伏した、
さすれば、もう一つの独楽も、倒れ伏すのみである。
  

碧梧桐の自由律俳句は、あまり好きではないが・・・、掲載。

撲乗せし便船のなど時化となり

ミモーザを活けて一日留守にしたベットの白く

曳かれる牛が辻でずっと見回した秋空だ

子規庵のユスラの実お前達も貰うて来た

灯あかあかと会すれば千鳥鳴くといふ


自由律俳句結社「海紅」は、創刊100年を越え、今でも盛んである→『海紅』

1987/02/01・国鉄広尾線が廃止、愛国駅と幸福駅も同時に廃止となる。

1987年、北海道の国鉄広尾線がこの日限りで廃線。

hirohosen12345q.jpg

hirohosen12345qq.jpg

大ブームになった愛国駅と幸福駅も同時に・・・誠に残念。

hirohosen12345aikoku.jpg

hirohosen12345koufuku.jpg
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)

KuriSshu(吉田拓郎のカバー:Duo)

Poco a Poco(JPOP:Duo)

オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ