FC2ブログ

大寒波が来る・・・今頃(笑)。

寒波急日本は細くなりしまま/阿波野青

急寒波早寝の窓の軋み鳴る/佐々木利子

kanpa12345kkkk.jpg

明日から、暦の上では春。

ゆえに、寒波と言う冬の季語を使うのは今夜がギリ。

いやいや、そんなにキッチリしなくてもと、思う人も言うでしょうが、
やはり、決まりを作っておかないとダラダラしてしまっていけないワケ。

旧暦の春が現在の春のしてズレテイルのも充分承知DEあります。

俳句の季節は、複雑です、新暦・旧暦・二十四節気・七十二候・などなどが複雑に絡み合い・・・。

kanpa12345k.jpg

ま、そぅ~言うコトです、とにかく、寒さに備えなくてはなりません。

皆さんも充分お気をつけて下さいマセ。

kanpa12345kkk.jpg

寒波来て星座の歩み乱れなし/山本歩禅

寒波来て小鳥の森へ沁みゆけり/大島民郎

硝子負ひ寒波の天を映しゆく/田川飛旅子

気象図の線美しく寒波来る/右城暮石

上弦の月やや傾ぎ寒波来る/大貫正子

ギロチンの刃如し寒波来る/小栗釣月

kanpa12345kk.jpg

恵方巻ネ~、どうなんだかなぁ。

西南を向き節分の恵方巻(2015年)/岡本ヨシエ

近年、俳句にも恵方巻が登場するようになった。

ehoumaki4364k.jpg

私の幼少の頃は、豆撒きはBIGイベントでありましたぁぁぁ。
町内の家々から大きな声で『鬼は外、福は内』と響いたものです。

病室に豆撒きて妻帰りけり/石田波郷

こっそりと豆撒くつもり妻の留守/大堀鶴侶

フォルティッシモの声もて妻の豆撒けり/宮川典夫

しかし、最近は豆撒きの風習もどんどんすたれてイルようであります。

撒いた後の掃除が面倒だからと、回収しやすいお菓子などを撒くとか・・・それでは豆撒きではないよね。

その豆撒きに代わって、ココ数年?大流行なのが「恵方巻き」であります。

ehoumaki4364kk.jpg

元々は関西の風習で、節分の夜に家族で恵方(今年、2020年は西南西)を向き、太巻きの寿司を黙って一気に丸かじりにすると幸運が訪れる?(笑)ワケね~よ~なぁ~無理無理。

で、恵方の方位はどのようにして占うのか?
それは、陰陽道においての、その年の福徳を司る神である歳徳神(としとくじん)の居る方位なのデス。

もちろん、恵方巻の一気喰いは商人の立案であります。

昔々に大阪の海苔屋が、花街の遊女や芸者衆に仕掛けたとも言われ、切らずに丸かじりするのは【男女の縁】を切らないとの縁かつぎとの事。

バレンタインのチョコと同様、業界の計略にまんまとのったカタチでありますが、お好きな人はどうぞってトコでしょうネ。

だが、しかし、毎年の恵方巻の廃棄量がとんでもないようで・・・。

神様は当然怒ってらっしゃるでしょうから、福などは、とてもとても望めませんでしょうネ。

ehoumaki4364kkk.jpg

あ、今、恵方巻を食べてる人、悪気があり過ぎて、ごめんなさいぃぃぃぃぃ。

クラシックギターを新しい弦にしたZOooooo♪

ライヴが近いので、
クラシックギターの弦を張替えたヨゥ~♪

私の愛器、クラシックギター(アストリアス)。

A2-5E063_photo_1.jpg

使用しているナイロン弦。

dada-nt12320.jpg

DADDARIO EJ45 Pro Arte Normal Tension/ダダリオ・EJ45・プロアルテ・ノーマルテンション。


え~と、エレキギター&アコギ(フォークギター)はスティール弦を使用します。

ゆえに、エレキは早ければ30分ぐらい、アコギは一日ぐらいで弦のKeyが安定します。


ところが、クラシックギターの場合はナイロン弦なので、安定するのに時間がかかるのです。

しかぁぁぁぁぁし、安定し過ぎると音が悪くなるんので、そのあたりの調整が・・・・はぁ~、なのです。

あの、硬くて甘くて癒やし系?の音色は、ナイロン弦ならでなのですが、

そのナイロン弦のアツカイはひじょぅ~うに難しいのですWA。

モチロン、温度差に弱く、演奏中の照明などで簡単に音が狂いますっ。

プロのクラシックギタリストは演奏前に弦を張替えて、

演奏しながら調弦するという・・・まさに神業です♪

そんなことは私はできませんWA、あはははは、おほほほほ。

さて、練習&調弦・練習&調弦・練習&調弦の繰り返しをライヴ当日までスル事になります。

頑張る♪そこそこネ♪(笑)。

2020/02/03・本日・【節分】

節分。

「季節を分ける」=「節分」
今!節分といえば、
立春(2020年は、明日、2月4日)の前日(2020年は、2月3日)だけを指しますが、
本来、季節の始まりを示す、立夏・立秋・立冬の前日のいずれも、節分TO言います。

080203b.jpg

たぶん、陰陽道から派生したであろうと推測される、

季節の変わり目(分け目)には【鬼・邪気】が生じると言う思想に伴い、

悪霊ばらい、いわゆる鬼退治が執り行わられ・・・豆まきとナルワケですね。

DE、節分の時に一年の厄を払う豆まきなどの行事を、

神社では節分祭、寺院では節分会(せつぶんえ)と言います。

浅草寺の節分会が有名ですよね。

feb-01.jpg

節分や親子の年の近うなる/正岡子規

節分の追はれし鬼と路に会ふ/猪俣千代子

節分の鬼となるべく父帰る/落原美佐女

鬼払ひ雪となりたる節分会/松井利彦

鬼の子のはしやぎて逃げる節分会/平岡喜美子

皆さん、豆まきの準備はできましたか?

ではでは。

あ、そうそう、『映画秘宝』休刊・・・ネ。

『映画秘宝』。
2020年3月号にてついに休刊・・・。

eigahihooooo123.jpg

25年の歴史に終止符。
残念。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ