FC2ブログ

鳥交(さか)る。

風蝕の崖さんらんと鳥交る/鷲谷七菜子

torisakaru12345bbb.jpg

野鳥の繁殖期の求愛行動。

torisakaru12345bbbbb.jpg

鳥の恋とも言う。

torisakaru12345bbbb.jpg

鳥の恋峰より落つるこそ恋し/清水径子

鳥の戀(恋)祝辞は胸にたたまれて/小山森生

半島の付け根の町や鳥交る/小西昭夫

鳥交る陸の孤島にハイヒール/江坂衣代

城山の瓦礫に雨の鳥交る/小栗釣月

torisakaru12345bb.jpg

torisakaru12345b.jpg

2020/03/27・本日♪【桜の日】

父在す靖国の初桜かな/密門令子

yasukunisakura18.jpg

俳句の世界では、
花=桜であります。

花鳥風月、まず、花ありき、
やっと、やっと、桜の季節到来デス。

izusakura723721625.jpg

ゆき暮れて雨もる宿やいとざくら/与謝蕪村

花の陰あかの他人はなかりけり/小林一茶

観音の大悲の桜咲きにけり/正岡子規

桜咲く前より紅気立ちこめて/山口誓子

夜桜や立入禁止の過去に逢う/河野志保

満開の桜の森に迷子です/佐伯のぶこ

念願の桜に見とれ発熱す/梨本洋子

花ひとひらふたひら君を忘れない/黛まどか

手を繋ぎ花の下にて風待ちぬ/小栗釣月

sakura15327-1.jpg

三月二十七日、本日、【桜の日】デス。

日本さくらの会が1992(平成4)年に制定しました。
さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせです。

DE、日本に桜は、なんと約600種とか・・・・。

桜の驚くべき詳細は、ココをクリック→【桜・wikipedia】

数が多くて一番有名なのが、

染井吉野/ソメイヨシノ♪

sakura15327-3-somei.jpg

美しいデス♪

DEDE、
桜の花言葉は、『精神美』『純潔』『高貴』『優れた美人』など。 

なっとく、だから桜の下ではモゾモゾするワケDA。

DEDEDE、桜と言えば思い出すのはこの短歌でしょう。

桜花(さくらばな)ちりぬる風のなごりには水なき空に波ぞたちける 『古今集』
紀貫之 (866-945)

なんて3Dな映像でしょう。
そして情緒的にも溢れて・・・・・。

p5-somei-siba.jpg

花の雲鐘は上野か浅草か/松尾芭蕉

山守のひやめし寒きさくらかな/与謝蕪村

桜花何が不足でちりいそぐ/小林一茶

この宮や辛夷の花に散る桜/沙門良寛

膠嚢(カプセル)に花びら詰めてみそかごと/中原道夫

花酔ひの身を夕風の突き抜ける/小澤克己

花は雨宿し雨滴は花宿す/山田弘子

桜東風恋の初めの薄化粧/小栗釣月

桜がつく季語はとても美しい響きがありますネ~。

ゆっくりと桜前線北上中です。

sakura15327-2.jpg

楽しみです。
(#^.^#)

旧暦、元禄二年三月二十七日・『奥の細道』旅立ちの日。

おくのほそ道は、芭蕉が西行の五百回忌にあたる元禄二年(1689年)に、
河合曾良を随行させ、奥州、北陸道を巡った旅行記に名を借りたほぼ私小説である。

芭蕉は旅つ前に、芭蕉庵を引き払います。

「草の戸も住み替はる代よぞ雛の家」

以下、原文。

弥生(旧暦の三月)も末の七日(二十七日)、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、不二(冨士)の峰かすかに見えて、上野・谷中の花の梢またいつかはと心細し。

むつまじきかぎりは宵よりつどひて舟に乗りて送る。

【千住といふ所にて舟を上がれば】、前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の涙をそそぐ。

「行く春や鳥啼なき魚の目は泪」

これを矢立の初めとして、行く道なをすすまず。
人々は途中に立ちならびて、後ろかげのみゆる迄はと見送るなるべし。

okunohosomititabidati484747.jpg


【千住といふ所にて舟を上がれば】


ココが問題なのであります。


d10100063_2.jpg


実は、有名な話なのですが・・・、足立区VS荒川区が、長年、熱い論争を繰り広げておりヤス。

その論争とは、旅を始めたのはどちら?
足立区なのか?荒川区なのか?です(笑)

「千住といふ所」は現在の千住大橋付近と考えられます。
ただ、資料(曾良の随行記にも)では、橋のどちら側かはわかっておらず、
北岸の足立区と、南岸の荒川区が、お互いに、コッチなんだヨ~と言っているワケね(笑)。

b-senjyuoo22.jpg

どっちなんでしょうかネ~。

春の服。

春服や若しと人はいうけれど/清水基吉

harunofuku12345kt.jpg

「春服/しゅんぷく)」とも。
いわゆる、新年(正月)の「晴れ着」とは違う。
春の明るく軽やかな服装の事を言い、女性の洋装のイメージが強い。

harunofuku12345mn.jpg

私の地元も少し暖かくなり、服も春らしいモノが増えてきたように思う。

harunofuku12345kh.jpg

春服の人ひとり居りやはり春/林翔

春の服買ふや余命を意識して/相馬遷子

水色の風みずいろの春の服/塩見恵介

風の流れて春服の立ち上がる/中島陽華

春服の少女に重きバイオリン/高橋喜和

春服の自転車坂を駆けのぼる/小栗釣月

harunofuku12345kf.jpg

2013年3月27日・女優「坂口良子」no命日。

ちと、いや、かなり古いが坂口良子と言えば、やっぱ、サインはV(1973年)の、江川ゆか役。

sakaguti-r-14454696.jpg

と、

前略おふくろ様(1975年~1977年))の、渡辺かすみ役でしょうね。

sakagutif0089299_14294132.jpg

超絶の可愛さでしたヨ。

南無南無。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ