FC2ブログ

野暮用で隣町へ。

桜が奇麗。

花曇でもキレイ。

sakurasakusayounarasakura2020-2.jpg

見蕩れていましたわぁぁぁぁぁぁ。

車の運転に集中できなくて、運転を代わってもらったヨ。

やっぱ、桜は最高に良いわ。

あと、贅沢を言うなら、もう少し暖かくなって欲しいワケね。

「おめでとう」「さようなら」櫻満開/小栗釣月

sakurasakusayounarasakura2020-1.jpg

春の月も柔らかくなって来たネ。

もう春の月と呼んでもいい親しさ/中西ひろ美

柔らかき春の月より金の波/小栗釣月

harunotuki2020-iroiro1.jpg

早春は寒くて、夜は外に出たくない。

春も半ばになって、夜もほんのり暖かみでる頃。

本来は、それが、春の月なのかもしれない。

満月からゆっくりと欠けてゆく月も良いものです。

harunotuki2020-iroiro3.jpg

清水の上から出たり春の月/森川許六

春の月さはらば雫たりぬべし/小林一茶

落書を消しにゆく子や春の月/竹久夢二

人かげも匂ふばかりに春の月/鷹羽狩行

春の月水の音して上りけり/正木ゆう子

harunotuki2020-iroiro2.jpg

我法学士妻文学士春の月/小川軽舟

母すでに庭に出てをり春の月/露口美穂子

春の月上げて広重美術館/遠藤睦子

うるみ目のひとを妻とし春の月/田代青山

わが影のときに頼もし春の月/長沼三津夫

harunotuki2020-iroiro4.jpg

4月10日~七十二候・その14[鴻雁北/こうがんかえる]

つれもなく絶えにし人を雁がねの帰る心と思はましかば/西行法師

酒甕(さかがめ)に凭(よ)りて見送る帰雁かな/籾山庭後

kigan3487787.jpg

二十四節気の清明・次候、鴻雁北。

鴻雁とは大きな雁との意味らしい。

また、≪雁風呂≫と言う、美しい物語の季語があります、それは明日のブログで・・・。

さて、冬の間を日本で過ごした雁が、燕と入れ替わるように、北のシベリアへと帰っていく頃デス。

列(棹)をなして、去ってゆく雁の群れ、少し寂しいモノですが美しい風景ですね。


【帰雁】、他、帰る雁、行く雁、去ぬる雁、雁の名残、雁の別れ、いまはの雁など。

kigan4758676767676.jpg

巡礼と打ちまじり行く帰雁かな/服部嵐雪

帰る雁田ごとの月の曇る夜に/与謝蕪村

帰る雁七艘ならぶ船の上/正岡子規

かりがねのあまりに高く帰るなり/前田普羅

みちのくはわがふるさとよ帰る雁/山口青邨

日と海の懐に入り雁帰る/阿部みどり女

帰る雁へ托す願ひの一つあり/花田春兆

kigan36465608080089098.jpg

桜鯛の季節デス♪

春雷や暗き廚の桜鯛/水原秋桜子

櫻鯛を捌く鱗や万華鏡/延広禎一

sakuradai8941891781t.jpg

私の地元、粟島周辺では五月の連休アタリが最盛期かしら?

sakuradai8941891781tt.jpg

やはり、鯛は旨いですネ、王様デス。

刺身、焼く、煮る、シャブシャブ、なんでも旨い。

sakuradai8941891781ttt.jpg

sakuradai8941891781tttt.jpg

sakuradai8941891781ttttt.jpg

sakuradai-shabuuuY322711622.jpg

桜の咲く頃、真鯛は産卵のため内海に集まります。

産卵期の雄の腹は桜色に染まり、また、桜の花時と重なるので桜鯛と言います。

花見鯛とも言われ、とても美味しそうな季語でありますネ。


桜鯛空気の中で窒息す/泉田秋硯

桜鯛すこし笑つて見えにけり/早乙女健

分銅を跳ねさせて売る桜鯛/山田美恵子

庖丁の銘透くほどや桜鯛/小菅暢子

うちうちの祝ひに跳ねて桜鯛/井上比呂夫

満開の海より寄する桜鯛/柳川晋

4/10・『鈴木鷹夫/すずきたかお』の命日。

帯巻くとからだ廻しぬ祭笛  

白菖剪つてしぶきの如き闇

男来て鍵開けてゐる雛の店

風神の鼾きこゆる木の芽かな

千年杉の千年前の夏の雨

本日、4月10日は、鈴木鷹夫の忌日です。

081005_p04_05.jpg

1928年9月13日~2013年4月10日

「鶴」同人、波郷の没後。
能村登四郎に師事し「沖」同人。
後に、「門」を創刊・主宰。

小説に『風騒の人・若き日の宝井其角』があり、
其角に傾倒していましたが、本人の句は、其角の難解さは、
微塵も観受けられず・・・ただ、深く重く軽い、変化自在である。

私は優しさと諧謔性を併せ持つ鷹夫が好きです。

市電の中を風ぬけ葵まつり過ぐ

双六のごとく大津に戻りをり

蛇穴を出づるとの報時計見る

秋空がまだ濡れてゐる水彩画

ヘッドライトに老人浮かぶ聖夜かな

竹皮を脱ぎて乳もなし臍もなし

今生は手足を我慢かたつむり

吊されし鮟鱇何か着せてやれ

出雲発最終便の咳の人

魚屋の奥に先代昼寝せり
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ