FC2ブログ

10/03・本日・【蛇笏忌】です。

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり

omotesando_09.jpg

をりとりてはらりとおもきすすきかな

芋の露連山影を正しうす

父祖の地に闇のしづまる大晦日

ながき夜の枕かかへて俳諧師

秋たつや川瀬にまじる風の音

春めきてものの果なる空の色

f0118324_20412146.jpg

本日、十月三日は、飯田蛇笏/いいだ・だこつの忌日です。
別号、山廬(さんろ)。

五人の男児うち、次男が病死、長男・三男が戦死・・・四男の龍太が家督を継ぐ。

00079559.jpg

1885年4月26日~1962年10月3日・享年77。

高浜虚子に師事。
大正期の「ホトトギス」の代表作家。
後に、俳誌『雲母』を、創刊、主宰。

『雲母』は、蛇笏の没後三十年を期に92年に終刊。

1967年に蛇笏の功績を称え、角川書店が『蛇笏賞』を創設。

俳句界では最も権威のある賞で、俳句界の芥川賞とも言われ、現主催は角川文化振興財団。
毎年六月に優れた句集に授与(令和二年・現選考委員は、片山由美子、高野ムツオ、高橋睦郎、長谷川櫂)。
本年、「第54回 蛇笏賞」の受賞者は、柿本多映女史、柿本多映俳句集成にて。

蛇笏の近代俳句に与えた影響は、まさに限りなし・・・大好きな俳人の一人です。


「芥川龍之介氏の長逝を深悼す」自殺した芥川に詠んだ句も有名です。

~たましいのたとえばあきのほたるかな~


山本健吉[評論家・俳人石橋秀野の夫]曰く、


俳句としての格の高さと正しさという点において、「4S」や新興俳句運動以後の俳人を含めても、ついに右に出るものは見当たらぬ・・・と、手放しの賛辞を贈っている。


俳句を志すもの、蛇笏の句を読まずして、誰の句を読むのか、と、言いたいのです・・・。


蛇笏、あまりにも偉大なり・・・、畏怖の俳人であります。

蛇笏の句を読むと、懐かしい自然を追憶の中に感じるのです。
私たちの実生活がどんどんと自然と離れて行く・・・必然、しかし、
愚かしくも、懐古的と謗られようと・・・私は言いたいのです、自然万歳と。

ただ、ややホトトギス至上主義の感は如何なモノか?


【蛇笏忌・山廬忌】

蛇笏忌の岩うつ滝の音聞ゆ/飯田龍太

蛇笏忌や奥嶺の雲に炎走る日/角川源義

おのづから言霊韻く山廬の忌/荒井正隆

蛇笏忌やどすんと落ちて甲斐の柿/秋元不死男

蛇笏忌の夜の底ひの露の群/石原八束

蛇笏忌ともなく山の澄み川の澄み/森澄雄

蛇笏忌や露けきものに斧の柄/鷹羽狩行

蛇笏忌の湖が暮れんとして騒ぐ/平松良子

蛇笏忌や海鳴り低く日本海/小栗釣月


では、蛇笏の句を少々。


風鐸のかすむと見ゆる塔庇

朝日さすすだれの外の岩清水

打水のころがる玉をみて通る

案山子たつれば群雀空にしづまらず

桑の実に顔染む女童にくからず

わらべらに天かがやきて花祭

ありあけの月をこぼるる千鳥かな

わがこゑののこれる耳や福は内

凪ぎわたる地はうす眼して冬に入る


是非、蛇笏の句集はお読み頂きたい。

コメントの投稿

非公開コメント

花おばさん、こんばんわ。

>俳句をあまり知らない方も、あの『ホトトギス』は一度や、二度は、耳にしたことがあるはず。

はい、有名ですものネ。
また、近代日本文学において代表的な結社であります。

<<私たちの実生活がどんどんと自然と離れて行く・・・必然、しかし、
愚かしくも、懐古的と謗られようと・・・私は言いたいのです、自然万歳と。>

それでなくとも、どんどん生活が便利になるほど、私たちの暮らしは、自然から随分と離れてしまって、その存在の恩恵さえ、忘れがちになってきてしまっています。

そうなんですよね。
そしてそう言うことを発信すると恥ずかしいと思う人がいるけどそれは違うと思うんです。

>自然に生かされ、自然とともに生きていることさえ、気づかずにいるのでは?と思ってしまいます。
>俳句は、そのことを、その存在の有難み、その恩恵を、より鮮明に気づかせてくれ、教えてくれる世界ですよね。

ご理解、誠にありがとうございます。
俳句は自然への挨拶、畏怖、願い、感謝デス。

四季を季語であらわし、その恵みや美しさを伝えるのであります。

もちろん、和歌、詩などもそうですよね。

>日本人の心に、もっと広がりますように。

こちらこそいつもの励ましに感謝です。
ありがとうございます。

ホトトギス

オグリン様、こんにちは。

j俳句をあまり知らない方も、あの『ホトトギス』は一度や、二度は、耳にしたことがあるはず。


<私たちの実生活がどんどんと自然と離れて行く・・・必然、しかし、
愚かしくも、懐古的と謗られようと・・・私は言いたいのです、自然万歳と。>


それでなくとも、どんどん生活が便利になるほど、私たちの暮らしは、自然から随分と離れてしまって、その存在の恩恵さえ、忘れがちになってきてしまっています。

自然に生かされ、自然とともに生きていることさえ、気づかずにいるのでは?と思ってしまいます。

俳句は、そのことを、その存在の有難み、その恩恵を、より鮮明に気づかせてくれ、教えてくれる世界ですよね。

日本人の心に、もっと広がりますように。


本日も、大変心に響く更新、ありがとうございました。





プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動イロイロ。


Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)


オグリン(classical music:Solo)


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ