FC2ブログ

「LGBT平等法」を日本にも・・・。

これからの日本は、人種の多様性と性の多様性に対してさらなる理解が必要だと思う。

ある意味日本は宗教的な垣根が低い分、この法律はとても良いのではないだろうか、また、幼少からの今後の教育にも期待したい。

この法律が施行される環境にならなければ、国際社会から取り残されてしまうだろう、かといって無制限に移民を受け入れろと言う意味ではない。

詳細はこちら→『LGBT平等法を、東京五輪のレガシーに』

LGBT用語解説はこちら→【LGBT用語解説】LGBTQとは?「Q」って何?】

平等とは、遍(あまね)く、悉(ことごと)く、でありますZO。


では、最後に、ニュージーランドのモーリス・ドナルド・ウィリアムソン元議員が、同性婚を認める法案の最終審議と採決の際におこなった伝説のスピーチをご紹介します。


今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人の結婚を認めよう」。ただそれだけです。

中略

「明日も世界はいつものように回り続けます。だから、大騒ぎするのはやめましょう。この法案は関係がある人には素晴らしいものですが、関係ない人にはただ、今までどおりの人生が続くだけです」

ごもっとも・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

ひろりんサンこんにちわ。

>LGBT最近ようやく日本でも公表できる雰囲気にややなってきましたね。

ですね。
私は若い時から周辺にLGBTの方がいて、あんまり違和感が無いんです。
LGBTの方から嫌な思いをしたこともないんで・・・。

>私は「母さんが僕を嫌いでも」の映画を見たのをきっかけに歌川たいじさんの書籍を読んだりブログをみたりしているのですが、彼もLGBTです。


はい、私も映画観ました。
不覚にも泣きました(笑)。
LGBTとそうでない人は関係が近いほど苦しむかもしれませんね。

まぁ、人間同士がそもそも分かり合えるかは大きな疑問ですからね。

>猫をこよなく愛し2匹飼っているのですよ~。

お~、それは素晴らしい事です。

チャンコ万歳♪

美香さん、こんにちわ。

こちらこそありがとう♪

差別と格差は無くなりません。

正直、私自身、LGBTに違和感は無いのか?と言われるとゼロではありません。

しかし、過去にLGBTにの方たちと触れ合い、
さらに、友人、知人にもLGBTにが少なからずいて、
経験値の中で、ある程度理解していると言う事デス。

理解していると言う事は卑怯な言い方をすれば第三者的な感覚です。

が、まず、そこから始めることがLGBTの諸問題の解決になると思います。

私の後輩の一人がLGBTでとても悩んでいてちょっと前に相談にのりましたが指針を出してあげれなかった。

彼は母親がキリスト教徒(カトリック)であり、母親に打ち明けられずにいます。

LGBTの最大の問題は宗教でしょう。

美香さんはパートナーがいます。

それは幸せな事ですね。

そして、次は、何ができるか、ゆっくり考えてみましょう。

No title

LGBT最近ようやく日本でも公表できる雰囲気にややなってきましたね。
私は「母さんが僕を嫌いでも」の映画を見たのをきっかけに歌川たいじさんの書籍を読んだり
ブログをみたりしているのですが、彼もLGBTです。
猫をこよなく愛し2匹飼っているのですよ~。

ありがとうございます♪

オグリン♪さま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

今回、LGBTについて記事に取り上げていただき、ありがとうございます♪

自身のブログでもカミングアウトしていますので、ご存じのように私はTジェンダーです。

今では、少しずつですが同性婚が認められるパートナーシップ制度も各自治体に広がりつつあります。

とは言いつつも、差別が少なくはなりましたが、無くなってはいません。

今年開催されるはずだった東京五輪。
それを見越して昨年からテレビドラマ、アニメ等で、同性愛を取り上げた作品が幾つか放送されました。

芸能界でもカミングアウトされてる方、たくさんいらっしゃいます。

私はパートナーが欲しくて、ネットで同性愛に関するサイトに書き込みなどしていました。

その時に分かったことが、同性愛者がかなり多い事に驚きました。

独身男性はもちろん、結婚されてる方、50代60代の方もいました。

50代60代の方々には、若い頃から同性が好きだったけど、間違ってもカミングアウトなんてできなかったそうです。

ネットが普及して、スマホ時代になり、恋人を見つけやすくなって、若い頃から自ら封印していた本当の自分を出せることができた、と言われる方が多いです。

バイセクシャルの人口は、男女含めてかなり多いと、ワタクシ思いました。

同性が好きだから、異性とは結婚できなかった方もいらっしゃいました。

バレたら差別を受ける。

だから自分を抑えてきた…と。

そういった方も事実います。



同性婚を認める法案のスピーチをされたモーリス・ドナルド・ウィリアムソン元議員の言葉は私達には、本当に救いの言葉であります♪

今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人の結婚を認めよう」。ただそれだけです。

中略

「明日も世界はいつものように回り続けます。だから、大騒ぎするのはやめましょう。この法案は関係がある人には素晴らしいものですが、関係ない人にはただ、今までどおりの人生が続くだけです」



私自身、ネットで叩かれたこともありました。

気持ち悪いと言われたこともあります。

好きになったのが同性という、ただそれだけのことなのです。

ただ、今は優しいパートナーに出会えたことは、私の一番の幸せです。

オグリン♪さん、コメントで長文すみませんでした(^^;
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動イロイロ。


Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)


オグリン(classical music:Solo)


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ