FC2ブログ

十一月二十五日・三島由紀夫の命日・[憂国忌]。

「散るをいとふ世にも人にもさきがけて散るこそ花と吹く小夜嵐」


愛は断じて理解ではない。

真の戦争責任は民衆とその愚昧とにある。

何を守ればいいんだと。ぼくはね、結局文化だと思うんだ。

好奇心には道徳がないのである。
もしかするとそれは人間のもちうるもつとも不徳な欲望かもしれない。

時間を支配しているのは女であって、男じゃない。
妊娠十ヵ月の時間、これは女の持物だからね。
だから女は時間に遅れる権利があるんだよ。


aflo_13189445_27200227975599_xxlarge.jpg


名高き、『三島事件』は、1970年(昭和45年)11月25日に起こった。

それは、日本文学界を、いや、世界の文学界を代表する大作家、三島由紀夫の割腹自決事件の事である。

mishimaad82f12b.jpg

三島は、自ら主催する「楯の会」のメンバー四人と共に、
東京・市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監部で総監を人質にとり、
本館前に自衛官千人を集合させ、自衛隊の決起を訴える演説を十分間行った。

mishima-jieitai-kkk.jpg

三島が、『決起』を促して、今年で、五十年。

早過ぎたと言うのはあまりにも簡単だ。

我々は、三島の、憂国の憲法改正の熱い思いを忘れてはいけない。

その後、三島は、周知の通り、総監室で楯の会会員の森田必勝とともに割腹自殺する・・・。


この事件に対しての文化人の発言は手厳しかった。

擁護的なものは少なかったが、以下はそうである。


「単なる一事件と簡単に考えてはいけない」by松本清張

「文化人諸氏の発言が、あまりにも太平楽をきめこんだ、解説屋の良識的批判を一歩も出ていない俗論ばかりだと思われてならなかった」by澁澤龍彦


三島は、『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人であり、戦後初めての国際人と言ってよい。

ノーベル文学賞候補にもなり、海外においても認められた大作家である。

なぜ?わたしは、三島を好きなのだろうか?たぶん、それは、三島に、幕末の志士吉田松陰を重ねているからだ。

松陰の辞世。
「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし大和魂


尊敬する司馬先生は、三島の死を「文学論的死である」と言ったが私はそうは思わない。

対極にある政治論的死であり、国体論的な死でもあると考える。


ゆえに、松陰の辞世の、大和魂を国体と言い換えてもヨイのだ。


そして、今、我々は、三島の、幾つモノ言葉を、心に刻み、未来へ歩まなければならない。


「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことはできない。このまま行ったら「日本はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである。」
*(一九七〇年七月七日サンケイ新聞夕刊・果たしていない約束の一部引用)


「日本のやうな国には、愛国心などといふ言葉はそぐはないのではないか。
すつかり藤猛にお株をとられてしまつたが、「大和魂」で十分ではないか。


辞世の歌。

「益荒男(ますらお)がたばさむ太刀の鞘鳴(さやな)りに幾とせ耐へて今日の初霜」


当日、配布した檄文の一部の引用。

『われわれは戦後の日本が経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失ひ、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのをみた。
われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されてゐるのを見た。しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によつてごまかされ、軍の名前を用ひない軍として、日本人の魂の腐敗、道義の頽廃の根本原因をなして来てゐるのを見た。
中略
今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまつた憲法に体をぶつけて死ぬ奴はゐないのか。もしゐれば、今からでも共に起ち、共に死なう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇へることを熱望するあまり、この挙に出たのである』

まだまだ、言い足りないのだが・・・合掌。

コメントの投稿

非公開コメント

minaさん、こんばんわぁぁぁぁ。

>あれから50年ですね。

早いものですね。
と、言っても当日の記憶はありませんが・・・。

>テレビを見た時の衝撃は今でも残っていますし…

浅間山荘は覚えているのになぁ。

>その後の三島の行動に対するインタビューなどに対しても納得できるものがなかった。

はい、わかります。

>没後45年の11月に防衛省の見学をしました。
>三島の演説したバルコニーや割腹自殺をしたと言われる場所へも。
>やはり心の隅になんとなくわだかまりがあったが・・・

なるほど。
それもヨクわかります。

>50年後の憂国忌を前に読んだ元毎日新聞記者の記事で少し気持ちが楽になった気がしました。

私はいまだにその答えを見つける事が出来ません。

しかし、それはそれで良いのだろうと考えています。

三島の思いを知る必要などないのかなぁ、と、そして、忘れない事かなぁと。

憂国忌大和魂と言ふ美学/小栗釣月

No title

こんばんは、

あれから50年ですね。
テレビを見た時の衝撃は今でも残っていますし…
その後の三島の行動に対するインタビューなどに対しても
納得できるものがなかった。

没後45年の11月に防衛省の見学をしました。
三島の演説したバルコニーや割腹自殺をしたと言われる場所へも。
やはり心の隅になんとなくわだかまりがあったが・・・

50年後の憂国忌を前に読んだ元毎日新聞記者の記事で
少し気持ちが楽になった気がしました。
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動イロイロ。


Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)


オグリン(classical music:Solo)


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ