fc2ブログ

後の月 +【吉田松陰】命日。



今宵。
後の月(のちのつき)。


十五夜様(旧暦の十月十五日)だけが月見ではありません。


十五夜様の後に巡ってくる十三夜・・・、今夜、旧暦の九月十三日は、『後の月』デス。


夜は運悪く、雨から曇。
雲の間隙から観えると良いけどなぁ。


篠笛に猫の集むる十三夜/小栗釣月


5611476-tuki.jpg


風雅の道も、四季ごとのイベントが多過ぎてネ~、忙しい(笑)。


名月(十五夜様)も後の月(十三夜)も旧暦です。
ゆえに、毎年変わるので困っています・・・忘れちゃうんだよね。



俳句の世界では、中秋の名月の後なので、『後の月(のちのつき)』とします。

他にも、「後の名月」・「名残の月」・「月の名残」・「二夜の月」・「後の今宵」・「女名月」など。


『後の月』のお供えはこんな感じかな?


13L3219290004653652.jpg


古来、月見と言えば、十五夜様(旧暦八月十五日)と十三夜(旧暦九月十三日)がセットでした。


必ず、二回、月見をするのが常識だったのです。

十五夜様だけでは、「片月見」といって縁起が悪いと嫌われていました。



13moon987418741716.jpeg


仲秋の韻を畳むや後の月/正岡子規

後の月人待顔をてらしけり/尾崎紅葉

松島の後の月見てはや別れ/野見山朱鳥

流し目の女の嘘や後の月/小栗釣月


13moon987418741716v.jpeg


山のもの厨にとどく十三夜/宮原利代

トンネルの両端の十三夜かな/正木ゆう子

十三夜映るべき盃伏せておく/中原道夫

青白く乾いてをりぬ十三夜/小栗釣月


13moon987418741716vv.jpeg



※十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。

※延喜十九年(919年)に、宇多法皇によって九月十三日にも観月の宴が行なわれ、これが日本独自の十三夜の月見のはじまりとされています。






旧暦・十月二十七日・【吉田松陰】命日。


takasugi-yosida.jpg


文政13年8月4日(1830年9月20日)~安政6年10月27日(1859年11月21日)


[身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂]
*私の身体はこの武蔵の地で滅んでも、私の大和魂はこの世にとどまり日本国を守ります*


私は、松陰の次の言葉も好きです。

【万巻の書を読むに あらざるよりは いずくんぞ 千秋の人たるをえん】
*たくさんの書物を読み、勉学をしなければ、立派な人にはなれない*


吉田松陰に、興味のある方は司馬遼太郎の書。

『花神』&『世に棲む日々』がオススメです。


shousetukasin-1234.jpg b0018539_15293138.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

同志さえきサン、こんばんは。

> こちらも青い十三夜の月が高く輝いています。

お~、素晴らしい。

私もトコも20時まで良い月でしたが今は雲が・・・。

でも、これから、またまた晴れる?みたいなので今しばらく観察します。

> 花金でもありますので、ついついハイボールが濃いめになってしまうのはやむを得ないでしょう(笑)。
> もちろん、最初の一杯を月姫様に捧げたことは言うまでもありません。

さすがですね~。
ハナキン、懐かしい響きです(笑)。

> >篠笛に猫の集むる十三夜/小栗釣月

> ああ、いいですね。
> オグリン♪さんのにゃんこの句には、いつもほっこりさせられます。

本当はニャンコと生活できればと。
でも、無理だからせめて・・・デス。

> さて、ほろ酔い気分になって参りましたので、誰も聴いておりませんが私の十八番の一つ「吉田松陰物語」を一曲がなることにいたしましょう(笑)。
> 〽よしだぁしょういんはぁ~いっしょけんめいぃ~・・・以下略。

お~、私の知っている歌と違うなぁ。

確かに、一生懸命ではありましたね。

献杯。

いとこいさん、こんばんはぁぁぁぁ。

> 今夜月を見ることができました
> 明るいお月様が出ていました

あら、良かったですね。

こちらもお陰様で20時までは良い月が・・・。

> 吉田松陰のお言葉 もっともらしいお言葉 優等生ですね
> えらい人の教えはさすがです。

とても面白い人物ですね。
是非、本を読んで見て下さいな。

No title

こちらも青い十三夜の月が高く輝いています。
花金でもありますので、ついついハイボールが濃いめになってしまうのはやむを得ないでしょう(笑)。
もちろん、最初の一杯を月姫様に捧げたことは言うまでもありません。

>篠笛に猫の集むる十三夜/小栗釣月

ああ、いいですね。
オグリン♪さんのにゃんこの句には、いつもほっこりさせられます。

さて、ほろ酔い気分になって参りましたので、誰も聴いておりませんが私の十八番の一つ「吉田松陰物語」を一曲がなることにいたしましょう(笑)。
〽よしだぁしょういんはぁ~いっしょけんめいぃ~・・・以下略。

No title

今夜月を見ることができました
明るいお月様が出ていました
吉田松陰のお言葉 もっともらしいお言葉 優等生ですね
えらい人の教えはさすがです。

きくちゃん、こんばんはぁぁぁぁ。

> 吉田松陰というと、ハンサムw どうしても篠田三郎ですね…w (もう家にいなかったはずだけど、なぜ見てたんだろう…?)

あ~、NHK花神はそうでしたね、高杉が中村雅俊。

私も一番に篠田さんが浮かびます。

> あとは『世に棲む日々』で、畑仕事しているときに、叔父さんに怒られてたところだけが、印象に残ってるのは、なぜか…。ひどい話だったからかな…w

本当に酷い話。
毎日がサバイバルみたいな。
ヨク生き延びたと(笑)。

ただ、その強靭で真直ぐな精神が維新回天の礎となりました。

自分に厳しく、他人には優しくの人でしたね。

No title

オグリン♪さん、今晩はw
吉田松陰というと、ハンサムw どうしても篠田三郎ですね…w (もう家にいなかったはずだけど、なぜ見てたんだろう…?)
あとは『世に棲む日々』で、畑仕事しているときに、叔父さんに怒られてたところだけが、印象に残ってるのは、なぜか…。ひどい話だったからかな…w

さぶちゃん大魔王様、こんにちはぁぁぁぁぁ。

>  色々なことを、どんどん忘れていくのが、また秋のことなのでしょうかねえ。

忘れる事も大事ですね。

人生、良い事ばかりじゃないですから(笑)。

>  秋であったり、年末であったり、詩吟の吟行会で松陰神社の奥の集会室に行っていました。

あら、そうですか。
東京にも所縁のアレコレありますからね。

>  世田谷線では松陰神社前という駅があるのですが、私は若林からの道の方が好きで、晩秋初冬年末の世田谷に武蔵野の欅林を思いながら通いましたっけ。

はい、存じてます。
良い散歩コース。

>  でも、日本の近代化への道を開くことになった松陰先生、30歳前に首を斬られてしまったんですよねえ。その後の長州の有象無象を思うと、松陰先生にしろ高杉晋作にしろ、体調不良で名前だけの元勲になってしまった桂小五郎にしろ、生き残っていればまた幕末から明治開化期、違った様相になっていただろうと思うと不思議でならないのですがねえ。

はい。
安政の大獄はやり過ぎました。
ただ、松陰の性格ですから蛤御門の変あたりで死んでいたでしょうね。
高杉が反対して生き残ったのは幸いでした。

高杉と坂本が生き残っていれば面白い歴史になったかもしれません。

また、大村益次郎が暗殺されなかったら、日本はドイツ式に傾倒せず、真珠湾奇襲も無かったのではと。

>  聞多・狂介・俊輔などが強権を握ることができたかどうか?歴史って、無責任に自分勝手なIFを考えると本当に不思議だらけですが。

まったくです。
有能過ぎても、勇気があり過ぎても、正義感が強くても先に死んじゃいますもんね。

井上馨などは、汚職まみれて、志士の片鱗も残せませんでした。

>  今日の季題は十三夜・後の月ですね。後の月ではなくても、菊坂に黒船亭を思い出してしまいそうですが。
>        曇る眼に 今宵隠れし 後の月
>        階に 待てど戻らぬ 十三夜
>        来ぬ人を 待つも空しき 後の月
>        片割れの 月見にせむや 後の月
>        十三夜 ただ待ちわびて 明かす夜
>        後の月 映せど白き 床冷えて
>        泣き伏すも 何も戻らず 後の月

いいですね~。
抒情的です。

ありがとうございます。

hakatahimeさん、こんにちわぁぁぁぁ。

> オグリン♪さんは、たくさん本を読まれおられるので、たくさん勉強なさっていますね!

いやぁ~、たまたま興味があるものだけ読んでます。

勉強とは違いますね(笑)。

でも、読書は楽しいです。

次の世代は、紙の本など読まないでしょうね。

> 私は、オグリン♪さんの足元にも及びません!
> これから、たくさん勉強しないとダメです
> (>人<;)

いやいやいや、今のままで良いです。
本を読んでも知識人にはなれません。

すべては実践が伴わないと。

勉強する時間よりも、健康を維持するための睡眠や食事のお勉強を。

環境改善、できますように。

イオママさん、こんにちはぁぁぁぁぁ。

> >たくさんの書物を読み、勉学をしなければ、
> 立派な人にはなれない…(。´-д-)ハァ-

> 生まれ変わったら
> せめてこのことだけは
> 記憶に残っていて欲しいです🧠✨️

あははは。
でもね、本の知識だけでは駄目でしょうね。
特に今は、情報収集の選択が自由です。

本、無くなるでしょうね。

美味しい料理を実践しているイオママさんは偉いですよ。
本当の智慧は実践から生まれるものです。

イオママさんはBlogでみんなを楽しませ、料理のお手本となり、コラボまで。
凄いじゃないですか。

読書だけじゃ駄目なんですよ。

くんざんサン、こんにちはぁぁぁぁ。

> 先の中秋の名月を撮影してブログに上げましたので
> 今日は何としても撮りたいと思いますが
> お天気が少々心配です

ですね。
良い月でした。

今宵も是非。

天気がネ。
こちらは無理っぽいです。

> いつもは午後8時にはご就寝ですが頑張ります

あ、それは頑張らないとですね。
晴れます様に。

同志、戸部様、こんにちは。

> 今晩の「十三夜」、関西は夕方から20時頃までは雨予報ですが、
> その後は晴れるという予報になっているので、雲次第ですが
> 七割くらいの確率で「後の月」が見れるかどうかなという感じです。

良いですね。
こちらは雨から曇ですね。

一瞬でも晴れてくれればなぁ。

> 「十三夜」は日本独自の風習とは知りませんでしたー。(じゃC国の
> 朱子学の優等生足らんとしたK国にもこの風習は無いのでしょうねw。)

はい。
ありません。

暦、古代チャイナから来たものですが、緯度の関係もアリかなり日本で修正・改良されました。

> 吉田松陰、正に志士の中の志士ですね。特に後進の輩への薫陶・教育
> という点で果たした役割が本当に大きい人物ですね。

はい。
高杉を育てたの事だけでも凄いですね。

> たわいなき寝息抜け出し十三夜 紅屑 (はて見れるかな~)

あら、素敵。
夜長と十三夜ですね。

晴れますように。

オグリン先生へ

 色々なことを、どんどん忘れていくのが、また秋のことなのでしょうかねえ。秋であったり、年末であったり、詩吟の吟行会で松陰神社の奥の集会室に行っていました。世田谷線では松陰神社前という駅があるのですが、私は若林からの道の方が好きで、晩秋初冬年末の世田谷に武蔵野の欅林を思いながら通いましたっけ。でも、日本の近代化への道を開くことになった松陰先生、30歳前に首を斬られてしまったんですよねえ。その後の長州の有象無象を思うと、松陰先生にしろ高杉晋作にしろ、体調不良で名前だけの元勲になってしまった桂小五郎にしろ、生き残っていればまた幕末から明治開化期、違った様相になっていただろうと思うと不思議でならないのですがねえ。聞多・狂介・俊輔などが強権を握ることができたかどうか?歴史って、無責任に自分勝手なIFを考えると本当に不思議だらけですが。
 今日の季題は十三夜・後の月ですね。後の月ではなくても、菊坂に黒船亭を思い出してしまいそうですが。
       曇る眼に 今宵隠れし 後の月
       階に 待てど戻らぬ 十三夜
       来ぬ人を 待つも空しき 後の月
       片割れの 月見にせむや 後の月
       十三夜 ただ待ちわびて 明かす夜
       後の月 映せど白き 床冷えて
       泣き伏すも 何も戻らず 後の月

こんにちは^o^

オグリン♪さんは、たくさん本を読まれおられるので、たくさん勉強なさっていますね!
私は、オグリン♪さんの足元にも及びません!
これから、たくさん勉強しないとダメです
(>人<;)

📗📚

オグリン♪さんこんにちは。

>たくさんの書物を読み、勉学をしなければ、
立派な人にはなれない…(。´-д-)ハァ-

生まれ変わったら
せめてこのことだけは
記憶に残っていて欲しいです🧠✨️

オグリン♪さんお早うございます

先の中秋の名月を撮影してブログに上げましたので
今日は何としても撮りたいと思いますが
お天気が少々心配です
いつもは午後8時にはご就寝ですが頑張ります

「後の月」ですね~

釣月さま、こんにちは。

今晩の「十三夜」、関西は夕方から20時頃までは雨予報ですが、
その後は晴れるという予報になっているので、雲次第ですが
七割くらいの確率で「後の月」が見れるかどうかなという感じです。

「十三夜」は日本独自の風習とは知りませんでしたー。(じゃC国の
朱子学の優等生足らんとしたK国にもこの風習は無いのでしょうねw。)

吉田松陰、正に志士の中の志士ですね。特に後進の輩への薫陶・教育
という点で果たした役割が本当に大きい人物ですね。


たわいなき寝息抜け出し十三夜 紅屑 (はて見れるかな~)
プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
廓然無聖(かくねんむしょう)・我、神仏を尊びて、神仏を頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である・僕は自分の目で見たものしか信じない。


好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen・『A』・椿三十郎。


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動詳細。
Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)休止中。

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)休止中。

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)休止中。

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)休止中。


new!現在活動中!!うつけ無双(Sax&Guitarのインスト:Duo)。


現在活動中!!オグリン(classical music:Solo)+弾き語り。


尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・山下太郎・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・二瓶勉・攻殻機動隊・ULTRAMAN・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・中野京子・Jodie Foster。


自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

宮内庁を宮内省に戻せ。

宮内庁病院に精神科を開設せよ。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ