FC2ブログ

8/11《第一回・室本氏と良寛禅師の史跡を拝礼する/初級編Ⅰ》

【いざここに わが身は老いむ あしびきの 国上の山の 松の下陰(したいほ)】

【山棲みの あはれを誰に 語らまし あかざ籠(こ)に入れ かへるゆふぐれ】

by沙門良寛

史跡拝礼を思い起こしての、三句、

『良寛の史跡巡りて秋麗』

『良寛を慕いて鳴くや蝉時雨』

『良寛の面影見たり千代の松』

by小栗釣月

良寛の見識高い《室本氏》のご案内で、

昨日(8月11日)、良寛禅師の史跡を拝礼しました。

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (8) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (7)

その、アレコレを、

画像と、

良寛禅師ご自身の、

詠・歌・詩の数々と、

私の拙句にて、

ご紹介。

m(__)m

*拝礼その1*

越後の国の名刹、

○本覚院・宝珠院(燕市/旧分水町)

137402579295913213427_IMG_0345.jpg 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (15) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (18)

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (13) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (14)

[弁慶の井戸]

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (16) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (17)

〔良寛碑文〕

擔薪下翠岑 々々道不平 時息長松下 静聞春禽聲

〔碑文の読下文〕
 
薪(たきぎ)を擔(にな)いて翠岑(すいしん)を下る
 
翠岑(すいしん)道(みち)平(たいら)かならず
 
時に息(いこ)う長松(ちょうしょう)の下(もと)
 
静かに聞く春禽(しゅんきん)の声
 
8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (20)

〔良寛碑文〕
 
伊づ具登毛かへ圀 春連登わが古々路 具がみの左登に 満佐る登古奈之

〔碑文の読下文〕

いづくとも替へ国 すれどわがこころ くがみのさとに まさるとこなし

御本尊:阿弥陀如来/宗派:真言宗豊山派(開山当初は修験道、後に随時改宗され、法相宗・天台宗・真言宗醍醐派となり、現在に至る)

国上山、クガミ山を、望みて一句、

『海青く天なお高く国上山』

by小栗釣月

*拝礼その2*

国上寺西参道の途中、

○五合庵(燕市/旧分水町)

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (22) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (24) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (27)

五合庵は本来、国上寺の住職のための隠居所。

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (26)

〔良寛碑文〕

【堂久保登盤 閑勢閑毛天久留 於知者可難】

〔碑文の読下文〕
 
焚くほどは 風がもてくる 落葉かな

〔良寛碑文〕

【あすからは わかなつまむと おもひしに きのふもけふも ゆきはふりけり】

五合庵を望みて一句、

『焚くほどの落ち葉もなきや五合庵』

by小栗釣月

良寛禅師、およそ在住期間、四十八歳?~五十九歳?

*拝礼その3*

国上山山麓、乙子神社社務所、良寛禅師が移り住んだ後は、草庵と言われる、

○乙子神社の草庵(燕市/旧分水町)

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (32) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (36)

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (33)

五合庵の老朽化と、体力の衰えで朝夕の山道の登り降りが不自由となった良寛禅師は、乙子神社の草庵(本来は社務所)へ移ります。

良寛の詩歌碑では最古のものです。

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (34)

〔良寛碑文〕

【生涯懶立身 騰々任天真 嚢中三升米 爐辺一束薪

誰問迷悟跡 何知名利塵 夜雨草庵裏 雙脚等問伸】

〔碑文の読下文〕

生涯身を立つるに懶(ものう)く 騰々(とうとう)として天真に任(まか)す

嚢中(のうちゅう)三升の米 炉(ろ)辺(へん)一束(いっそく)の薪(たきぎ) 

誰か問わん迷(めい)悟(ご)の跡 何ぞ知らん名利(みょうり)の塵(ちり)

夜(や)雨(う)草庵の裏(うち) 双(そう)脚(きゃく)等間(とうかん)に伸ばす

〔良寛碑文〕

【安散都久非 無閑比遠可耳 左遠志當天里 

閑美奈川幾 之久礼能安女爾 奴礼都々當天里】
 
〔碑文の読下文〕

朝づく日 向ひの岡に 小牡鹿(さをしか)たてり

神無月 時雨の雨に 濡れつつ立てり 

弥彦神社と関係が深く、祭神は、天照大神と建諸隅命(たけもろすみのみこと)

良寛禅師、およそ在住期間、六十歳?~六十九歳?

*有名な月見坂*

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (11) 8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (10)

月見坂をくだりて一句、

『良寛の歌ほのぼのと月見坂』

by小栗釣月

*種田山頭火句碑*

8-11-ryoykan-000001-muromoto-068 (12)

『青葉分け行く良寛さまも行かしたろ』

そのⅡに続く♪

明日(8月13日)の予定。
m(__)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オグリン♪

Author:オグリン♪



HEBOギタリストにして俳人。


『俳句愛好会[幹]主宰・俳号/釣月』


TVを観る習慣がありません。
ゆえに毎日、読書・映画・音楽三昧。


N県在住。


超猫派。
他人様の猫Blogを毎日見る。


好きな言葉!
【廓然無聖/かくねんむしょう】・神仏を尊び神仏に頼らず・真実と誠実と無くしては礼儀は茶番であり芝居である。

好きな映画!
黒澤の初期・Midnight Run・Blade Runner・Bagdad CAFE・Taxi Driver・Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back・Amadeus・The Godfather Part II・Nuovo Cinema Paradiso・The Silence of the Lambs・Contact・ From Dusk Till Dawn・LesMisérable/1998・Buena Vista Social Club・Smoke・Mulholland Drive・LET THE RIGHT ONE IN・Das Leben der Anderen
『A』・椿三十郎・『男はつらいよシリーズ』


好きな音楽!
ロック・ブルース・ジャズ・ボサノヴァ・昭和歌謡。


音楽活動は諸事情により休止しておりましたが、今春(2020年)から、とりあえず?クラシックギターのソロ演奏で復活します。

BAND活動も、おひおひ?


その他の音楽活動(未定の予定)

Chu-Lip(TULIPのE系カバー:sextet)

サボテンズ(TULIP&BeatlesのA系カバー:quartet)

Van-Colors(吉田拓郎のE系カバー:quintet)

ゆきチルOGMARS(Mr.ChildrenのA系カバー:trio)


オグリン(classical music:Solo)

尊敬する日本人!
聖徳太子・弘法大師・法爾大師・西行法師・楠正成・大谷刑部・真田幸村・立花宗茂・保科正之・松尾芭蕉・横井也有・大愚良寛・吉田松陰・二宮尊徳・濱口梧陵・緒方洪庵・新渡戸稲造・高橋是清・南方熊楠・正岡子規・嘉納治五郞・八田與一・永井荷風・白州次郎・司馬遼太郎・宋英傑・狩谷明・小林益夫。

好きな作家!歴史モノ(池波正太郎・司馬遼太郎・塩野七生・井沢元彦)・SF&ミステリ(夢枕獏・神林長平・半村良・山田正紀・恩田陸・伊藤計劃・森博嗣・冲方丁)・宗教モノ(道元・親鸞・空海)エッセイ(正岡子規・永井荷風・浅田次郎・阿川佐和子)

好きなもの&人!!!
神道・国体・神社・SF・陰陽師・和楽器バンド・アニメ・宗教全般・映画・読書・落語・麻雀・フラメンコ・赤穂浪士・旗本退屈男・阪神タイガース・理知的な瞳の細身ツンデレちゃん・総合整体・アルコール全部・ネイビーブルー・黒・桜・薔薇・紅葉・月・虹・東雲・黄昏時・天皇陛下・幕末・猫ちゃん・うさちゃん・蛍・熱帯魚・亀・鮎・鰻・のどぐろ・茸・貝類・タラの子・里芋・お鮨・ラーメン・日本蕎麦・甘口カレー・河豚&鼈・KFC・コーヒー・チョコ・カルピス・紅茶・京都・スペイン・台湾・仏像・ツチノコ・鋸クワガタ・永井豪・つげ義春・みうらじゅん・攻殻機動隊・GAMERA・Godzilla・Snoopy・woodstock・IVY・ミニクーパー・阿川佐和子・中野信子・Jodie Foster。

還暦に自分の句集を出すのが夢です。

自衛隊は国防軍でありますっ♪

憲法は改正せよっ♪

皇位は男系男子のみ、宮家復活も賛成であります。

チャイナが侵略した少数民族の自治区での『人権侵害』と、『宗教弾圧』を許してはいけません。

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ